これからの時代の働き方やキャリア形成、仮想通貨をはじめとする投資について役立つ情報を発信しています。

プチ収入を得たい方へ!自販機ビジネスは意外に低コスト、低リスクで始められます!

スポンサードリンク

街中で見かける自販機、どれだけ儲かっているのでしょうか?あれだけ沢山置かれているという事は、それだけの見込みと実績があるという事です。

手軽な収入源として、アルバイトは確実な方法ではありますが、面倒くさくなくて、少しのスペースがあれば手軽に始められるビジネスがあります。

そんなビジネスの一つとして今回ご紹介したいのが自動販売機ビジネスです。

 

用意するものはこれだけ!後は全部お任せできます。

自販機屋さんがメインで扱っているサービスが、フルオペレーションサービスと呼ばれるものです。

電気代と設置スペースだけ用意してもらえれば、後は業者さんのオペレーションで全て管理してくれるというサービス内容です。

自販機本体も業者さんが持ってきてくれるため、コストになるのは電気代のみなんです。

他のビジネスを始めるためには、まとまった資金が必要だったり、専門的な知識が必要だったり、なかなか難しいものです。

自動販売機であれば、少額の電気代だけ。これなら手軽にビジネスを始めることが出来ますよね。

 

電気代も安い!

自販機の省エネ化は年々進んでおり、ヒートポンプ機種が採用される前は月額5000円程の電気代がかかってしまいましたが、

現在では、安いものだと月額1500~2000円程にまで抑えることが出来ます。

2000円くらいだったら、電気代くらいは売上で賄えそうですね!

 

設置スペースはどれくらい?

自動販売機は薄型、幅狭型等、多様なラインナップがされています。

設置スペースは薄型で幅118cm、奥行き32cm幅狭型幅70cm、奥行66cm程あれば設置できるようです。

売れそうでなおかつ、スペースも十分にあるロケーションであれば、大型の機種もあるため、スペースに合った自動販売機を選びましょう。

 

どれくらい儲かるもの?

自動販売機を設置する上での設置先利益分は、売上に応じた販売手数料をパーセンテージで決めて契約しているパターンが多いです。

気になるパーセンテージ、一般的には20~25%前後が相場となっている会社が多いです。

160円のジュースが1本売れれば、40円儲かるわけですね。50本売れれば2000円なので、電気代が賄えてしまいます。

人通りが全く無かったりしなければ、1万~2万円程の売上は見込める場合が多いです。

仮に2万円売れれば、5000円の収入が得られるわけですから、電気代を差し引いても3000円の収益です。

万が一、赤字が続いてしまっている場合は、業者さんにお願いして撤去してもらうのが良いでしょう。

このような場合は、大抵業者側も赤字になっているパターンが多いです。

 

他に考えられるメリット、デメリット

自動販売機は単体でも活躍しますが、お店等を個人で開いている方にとっては、宣伝効果などのシナジーが期待できます。

企業であればコンビニ等が近くにない場所であれば、福利厚生として活躍します。

最近では、災害用自販機や、オリジナルラッピング自販機等、多種多様なラインナップが進んでいます。

逆にデメリットとしては、自販機の周りに空き缶が大量に散乱してしまったりすることもあります。

これはロケーション、周辺住民の方次第でもあるため、致し方ないリスクといえるでしょう。

故障に関しては、フルサービスであれば業者さんが全て対応してくれるため、安心です。

 

別の運営方法もある

フルオペレーションサービス以外にも、自販機は業者さんに持ってきてもらい、商品を買い取って、自分で管理して運営するという方法もあります。

この場合は、補充や品揃えも自分で決める必要があるので、ある程度の手間がかかりますし、マーケティング力が試されます。

その分、1本あたりの利益は取りやすいとされています。セミオペレーションサービスと呼ばれていたりします。中級者向けです。

もっと利益を追求するのであれば、自販機を個人で買い取り、商品も自分で仕入れる。つまりオールセルフです。

売上管理、メンテナンス等全てを自分で行わなければならないので、なかなか大変ではあります。

ロケーションが良ければいっその事、オールセルフにしてしまえば利益率は大幅に上がることでしょう。上級者向けです。

 

幅広い交友関係を持っている方におすすめ

様々な業界の方と交流を持っている方であれば、自販機紹介の副業もおすすめできます。

紹介で設置が決まれば紹介者に報酬がもらえたりします。5000円の報酬であれば10台で5万円です。

もっと良いのは、売上の販売手数料を紹介者にもつけてもらう方法です。

先ほどの設置時のみの報酬に対して、こちらの方法であれば、自販機が設置されている限り永久に報酬がもらえるわけです。

しかも電気代の負担もありませんから、非常においしいです。

こちらの相場はせいぜい多くても、5~10%程度といったところでしょうか。

設置スペースも電気代も負担したくない、だけど収入を得たいという方には、設置紹介をおすすめします。


まとめ

いかがだったでしょうか。自販機運営がより身近で手軽に感じられたら嬉しいです。

自販機にしても、何のビジネスを始めるにしても、まずは行動してみなければ何も変わりません。

何か現状を打破したいと思っている方、まず何か行動してみましょう。

ちなみに、アフィリエイトはある意味インターネット上の自販機とも言えるビジネスです。

自販機ビジネスとアフィリエイトビジネス、ダブルで始めたら、なかなか面白そうです。

関連記事

プロフィール

jin

平成生まれのサラリーマンブロガー。
就活/転職/株/仮想通貨(BTCFX,アルト短期)
投資実績は30万→500万→-30万→100万(17.3月~)
転職して今は人材業界で働いています。

よろしければ、クリック応援よろしくお願いします!

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

私が現在注目している銘柄