あなたの最適な転職活動は在職中?退職後?双方のメリット・デメリットを比較して考える

スポンサードリンク

社会人として働いている中で、多くの方は一度は転職したいと思ったりしたのではないでしょうか。

もしあなたが転職活動をするとなった時に、それはいつするべきなのか、考えてみましょう。

 

在職中にした場合のメリット・デメリット

メリット

・収入が安定している

・精神的に余裕がある

 

収入や精神的な安定は間違いありません。失うものはないわけですから、在職中にこっそり転職活動ができる方はしてみても良いかもしれません。

自分の市場価値や潜在能力が見えてくるでしょう。

 

デメリット

・日時調整が難しい

・本業中心の生活になる

・沢山の会社を訪問できない

・遠方に赴けない

 

在職中に転職するとなるとどうしても日時調整が難しく、時間にもシビアになってしまいます。

本業中心の生活であり、現職が多忙な方はまったくスケジュールが合わなく、気づいたらどこの会社も選考に参加できない…なんてことになります。

残業の少ない会社であれば、夕方以降で面接を行ってくれる会社の選考に参加できますが、残業が多かったら、やはり選考に進めません。

Uターンを希望している方にとっては、平日を確実に休める状況を作らなければ転職活動は行えないでしょう。

 

退職後にした場合のメリット・デメリット

メリット

・時間に余裕がある

・沢山の会社を受けられる

 

時間に余裕があり、沢山の会社を見ることができます。転職活動に対して万全の状態を作ることができるでしょう。

もうすでに明確な希望があるようならば、それに向けて一直線に対策を練っていけば、転職できる可能性も上がるでしょう。

 

デメリット

・時間の経過と共にプレッシャーが増す

・妥協してしまう可能性が高まる

・ダラダラと過ごしてしまいがち

・収入が不安定になる

 

辞めてから転職活動をすると、その間アルバイトでもしない限り収入は発生しません。

しっかり貯蓄がある方はそれで凌げばいいですが、長引く程、生活的にもキャリア的にも不利になります。

 

現在の職場環境に応じて変えていく

転職活動は、現在の職場環境の状況に応じて変えていく必要があります。調整がききやすい会社であれば問題ありません。

ですが、転職したいという方の多くはなかなかそういった調整が難しい会社であることも多いです。

現在の職場が休みが取れる環境にない、終わる時間が遅いという場合には、辞めてから転職活動をするほうが良いでしょう。

もしくは、会社に居づらくなる方法ですが、有給が溜まっているのであれば、積極的に取って、その日程に転職活動をする方法もありです。

中には土曜日に選考を行ってくれる会社や、平日の夕方~夜にかけて選考をしてくれる会社もあります。

 

自分の本気度を調べる

なんとなく、今の仕事が面倒だったり、「逃げ」になってしまっていたりはしませんか?

とはいえ、我慢のしすぎも禁物ですから、一度きりの人生、しっかりと自分と向き合って決断しましょう。

なかなか1人で考えると凝り固まってしまう部分もありますから、転職エージェントに相談してみると、客観的なアドバイスがもらえます。

 

本気で入りたい会社があるなら、数社に候補を絞っても良いかもしれません。

妥協して入った会社であれば、また転職したくなってしまうかもしれません。

自分に合った方法を情報収集、自己分析、転職エージェントとの相談等から見つけて、悔いのない転職活動にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。