これからの時代の働き方やキャリア形成、仮想通貨をはじめとする投資について役立つ情報を発信しています。

今が転職するチャンス!転職の売り手市場が続く中で今すぐに行動したいこと

スポンサードリンク

今、転職市場は売り手市場となっています。近年を振り返っても、この1,2年にかけてが最も活気付いている時期といえそうです。

せっかくのチャンスといえる時期ですから、転職したくてもなかなかできない、不安という方向けに転職の後押しになるような内容をご紹介致します。

 

自分のキャリア設計を見直す

今自分にとって、やっている仕事は自分のやりたい仕事でしょうか。

実情は生活するために仕事をする人が殆どだと思います。ですが、本来なら自分がやりたい仕事をやることが一番の幸せではないでしょうか。

転職する理由は、仕事内容であったり、職場環境、人間関係、給料面であったり様々な理由が考えられます。

今いる自分の会社はもしかしたら他の会社と比べたら待遇や環境が悪いかもしれません。

今はネットで様々な情報が入手できますから、自分の知りたい情報を入手して、今の置かれている現状を客観的に考えてみましょう。

将来のキャリアを考えた上で、将来のビジョンが見えないようなら、転職を検討してみるのも良いかもしれません。

 

転職支援サイトに登録してみる

リクナビやDODAといった転職支援サイトがありますので、登録してみましょう。

豊富な求人数に加え、エージェントサービスも展開しているため、併せて登録すると、他社の仕事内容、待遇等もわかり、なおかつ自分の市場価値についてもエージェントを通して分析してもらうことができます。

売り手市場の今、求人も増えていますし、紹介できる、今まででは入るのが困難であった会社にも入れる可能性があるかもしれません。

 

売り手市場はいつまで続くのか

DODAの見解によると、2016年下半期においても活況が続くとのことです。

東京オリンピックが開催される2020年までは景気の緩やかな上昇が見込まれるとの声も強いですが、イギリスのEU離脱やアメリカ大統領選の行方の影響も考えられることから、景気の不透明感は未だ拭えません。いつ売り手市場が崩れるかわからないというリスクも考えると、売り手市場となり賑わいを見せている2016年中に転職するのがベストなのではないでしょうか。

さらに今後の可能性として懸念されるのが「金銭解雇法案」が可決されたら、退職者が増え、就職希望者が増え、倍率が高くなるということも考えられます。

 

異業界、異業種にも挑戦できるチャンスかもしれない

年齢が若いのであれば、未経験の仕事にも挑戦できるチャンスがありそうです。転職市場が「買い手市場」であれば、未経験の業界に入ることは難しい

ですが、「売り手市場」の今であれば、ポテンシャル採用をする企業の余力も今まで以上にありそうです。

今20代後半の方が新卒だった頃は景気が悪く、就職先もなかなか決まらなく、厳しい就職活動であったのではないでしょうか。

転職経験0回であれば、リスクになる部分も少ないですし、仮に1度失敗してしまってもまだ修正も効きます。

今回の転職売り手市場においては、若手のポテンシャル採用において、有利に働く場面が多いのではないかと考えます。

入りたい企業に入れなかった、妥協して入った等、不満を持っている方、今こそ転職の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

関連記事

プロフィール

jin

平成生まれのサラリーマンブロガー。
就活/転職/アフィリエイト/株/仮想通貨
仮想通貨投資実績は30万→500万→-30万(17.3月~)
JobQ最高7位 転職経験者、人材業界勤務。

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

短期大化け狙いの銘柄