より良い転職活動を!エージェントの特徴と鵜呑みにしない方がいいアドバイス5項目

スポンサードリンク

転職エージェントは転職に関するプロという事に間違いありません。

その内容としては企業側の人事担当と就職、転職希望者の間に立ち、互いをマッチングさせる役割を担っています。

いくらプロとはいえ、人間ですから価値観、性格、立場等異なってきますから必ずしもそれが正しいとは言い切れません。

今回はそんなエージェントからのアドバイスを参考にしつつ、思惑に流されずに自分軸を失わない転職活動を行うための5項目をご紹介致します。

 

大手エージェントの特徴

求人数が多く選択肢が広い

求人数が多く、選択肢も幅広いのは大きなメリットです。

沢山登録するのが面倒という方にとっても、とりあえず1社登録すれば十分な求人情報が得られます。

 

担当者が多く分業が進んでいる

大手であれば担当者も多いので、分業化が進んでいます。自分と合わないエージェントならば簡単に変えることができます。

自分に合ったエージェントを探しやすいでしょう。

 

高い知名度による安心感

やはり大手サービスは知名度が高く、ブランド力もあるので安心できます。

リクナビやDODA等、大手であれば頼もしいエージェントが沢山いるのではないかという期待感も膨らんだりするかもしれません。

確かに優秀なエージェントは多いので、大手ならではの安心感やサービスの充実は間違いないでしょう。

 

中小エージェントの特徴

・求人数、担当エージェントの数は少ないが、専門分野に特化している

求人数が大手と比べれば少ないですが、それぞれ専門的な強みを持っている場合が多いです。

エージェントの人数も規模が小さいため、少ないですので選択肢は狭まってしまいます。

ですが、少数精鋭を掲げている会社が多いです。

 

中小ならではのきめ細やかなサービス

リクルート出身の方が独立しているパターンも多いので、エージェントとしての実力は同等、それ以上かもしれません。

中小ならではの、大手には規模、数で太刀打ちできないため、質で勝負するスタンスの会社が多く、きめ細かいサービスが受けられます。

 

エージェントからの提案や考えは鵜呑みにしないほうがいい

エージェントはクライアント企業から報酬を得ている

エージェントは成果報酬型で利益を得ているので、クライアント企業が求める人材を送り込まなくてはなりません。

ですので、どちらを優先させるのかというと、クライアント企業がベースになるということです。

 

ボランティアではなくビジネスである

あくまでもビジネスとして展開しているサービスであるため、親身にはなってくれますが、見込みがないとわかれば切られます。

支援サービス自体は無料なので、こちらとしてはデメリットはないわけですが、エージェント側とすれば、他にも多くの案件を抱えているため、

効率よく回していきたいわけです。

成果をどんどんあげていきたいわけですから、時には志望度の高くない企業に対しても強烈に選考に参加するようにアプローチされるかもしれません。

豊富な知識と経験、多様な価値観、考え方を武器にあの手この手で紹介してくるエージェントも存在します。

もちろん親身になってくれる方が多いですが、考え方、見方次第では様々な捉え方もできます。

 

もちろん役に立つ情報やアドバイスは多い

面談をすることによって得られる情報は多いです。

一人でわからないことだらけで、手探りに転職活動を進めるよりも、転職エージェントと相談しながら進めていくほうが、考え方も広がります。

自分にとっての新たな可能性を引き出してくれたりもするので、おすすめします。

 

会社の生の声を調べる為の方法

 

クチコミサイトで調べる

実際の社員の方の口コミ評判サイトは年々拡大してきています。

それらはかなり信憑性の高いものであり、企業のイメージ、待遇、労働環境等が正確に記載されています。

中でも規模の大きくおすすめなのは「VORKERS」、「キャリコネ」、「転職会議」の3大サイトと言えるでしょう。

この3つを抑えて入りたい企業に関して調べればかなりの情報収集ができます。

 

行動して確かめる

実際に行動して確かめる方法としては、職場見学、OBOG訪問、顧客として電話、直接訪問をする等といった事が考えられます。

オフィス周辺を観察してみるのも効果ありです。ランチ時等は一斉に社員の方が出てきますので、雰囲気等も掴めるはずです。

 

自分軸を持つために必要なこと

自分にとっての仕事とは何か

あなたにとっての仕事とは何でしょうか。

ライブドア前社長として今でも有名な堀江貴文さんは「仕事を心から楽しんでいる人」です。

仕事が「生きがい」なのか、「生きるための手段」なのか、色々な考え方があると思います。

仕事について具体的に突き詰めて考えてみると自ずと答えが見えてくるはずです。

 

最も優先させるものを決める

仕事を通して何を得たいのか、最も優先させるべきものを決めて転職活動をするのが良いです。

例えば、やりがいや若いうちから責任ある仕事を任せてもらうならばベンチャー企業、外資系企業等の実力主義の会社が良いでしょう。

安定を求めるならば、安定期に入っている大手企業、財閥など歴史があり業績の安定している企業、公務員等、様々な選択があります。

ただ安定に関してはどの企業も正直どうなるかわからないのが現状でしょう。これからは自分に何ができるかという時代になります。

社風的には様々な文化がありますし、残業はあまりしない、保守的な企業も勿論あります。

その辺りは口コミサイトやエージェントを通じて情報収集してみましょう。

自分軸を確立させることが最も大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。