転職支援サービスの強みと特徴、あなたにおすすめの優良エージェントをご紹介!

スポンサードリンク

転職市場は景気の上向きもあり、年々拡大してきている傾向にあります。長期的に見れば景気の不透明感も懸念されますが、現在の転職市場は賑わっています。

一度きりの人生、自分なりにしっかりと考えた上で転職活動されるのも良いですが、せっかくですからエージェントによる転職支援サービスを利用してみましょう。

一人では知ることのできない、第三者的な視点、採用側の求める人物像、面接のコツ等、転職のプロとして効果的なアドバイスをもらえることができます。

今回はそんな転職支援サービスを展開している各社の強みと特徴をご紹介いたします。

 

転職支援サービスを利用することで得られる強み

転職エージェントは各社独自の非公開求人を持っているため、一人で転職活動しているだけではお目にかかれない求人が多く掲載されています。

そしてエージェント経由で応募すると書類審査→面接選考の通過率も上がります。

これまでの実績と経験、データに基づいた効果的なアドバイス、提案をしてくれるため、転職活動を優位に進めることができるのです。

しかも転職支援サービスは無料ですから、メリットも多く、積極的に利用すれば役に立つ事間違いなしです。

利用するなら複数のエージェントを利用することをおすすめします。

なぜなら、一つのエージェント、一人の担当者では、その人が基準になってしまいます。

さらに多くのエージェントと面談を多くこなしていると、自然と面接で話すときにも耐性が出来てきます。

エージェントにも色々な方がいますから、自分に合った優良エージェントを探すようにしましょう。

 

転職エージェントの種類には大きく分けると2通りある

転職エージェントには「分業型」と「一気通貫型」の2通りのスタイルがあります。

「分業型」とは、企業担当と求職者担当と分かれている方式を採用している会社のことです。

分業化することによって、効率化を促進し、より多くの案件を回せることがメリットになります。ですから、大手は基本的に分業型が多いです。

「一気通貫型」とは、企業担当と求職者担当の両方を同一人物が担当している方式を採用している会社のことです。

一気通貫型を採用する企業は中小~中堅の会社に多いです。特徴としては、きめ細かいサービスが受けられ、より双方のギャップが生じにくくなる点です。

大手程、求人数をあまり持っていない会社等はこういった方式を採用することによって、高付加価値を訴求できるわけです。

 

初心者向け!まずは業界大手のサービスを利用してみよう

業界大手のサービスの大きな特徴としては、そのスケールメリットを活かした事業展開。豊富な求人数を抱えているため、情報量が多く、選択肢が広がります。

エージェントの進行スタイルもそれらに沿ったやり方で、とにかく沢山求人を紹介して、どんどん応募させる傾向にあります。

初めて転職支援サービスを利用した方にとっては、少し戸惑うかもしれません。大手エージェントは質よりも量、スピード勝負に持ってきます。

転職活動の進め方に対して絶対的な正解はありませんが、転職エージェントに流されるままに転職活動を進めると失敗しかねません。

自分の軸をしっかり持って、妥協しない転職活動を行うべきでしょう。

業界大手のサービスだからこそ、圧倒的な求人量がありますので、とりあえず登録してみるという感じでも良さそうです。

 

リクルートエージェント

おすすめ度:★★★★☆

業界大手のサービスとして知られているのはリクルートキャリアが展開している「リクルートエージェント」。

同社の転職求人情報サイト「リクナビNEXT」と並行して利用すると効果的です。

リクルートエージェントの強みは、人材紹介業界トップとしての圧倒的な求人数。

リクルートエージェントの転職支援サービスを利用すると、基本的にパーソナルデスクトップというメディアを利用していく形になります。

スマホアプリにも対応しており、わかりやすい操作性、非公開求人も多数あり、登録してみる価値ありです。

 

DODA転職支援サービス

おすすめ度:★★★☆☆

インテリジェンスが展開しているDODA転職支援サービス。

こちらも業界大手ならではの豊富な求人数が特徴で、リクルートと同じように質よりも量勝負といった感じです。

スマホアプリには未対応ですが、リクルートが扱っていない案件もあるため、とりあえず豊富な求人を見たいという方にはおすすめです。

転職活動始めたての方には、リクルートエージェントかDODA転職支援サービスから入ることをおすすめします。

 

 

量と質のバランス型、中堅会社のエージェントのおすすめ

ある程度のキャリアイメージがついていれば、中堅~中小エージェントを利用することをおすすめします。

それぞれの業界に特化して強みを持っているエージェント会社が多く、量よりも質で勝負している傾向が高いです。

 

JACリクルートメント

おすすめ度:★★★★★

JACは転職支援サービス一筋で事業を展開している人材紹介会社であるのにも関わらず、業界3位という位置付けになっています。

東証一部にも上場しており、大手~準大手といった企業形態といえるでしょう。

それらの背景には顧客の満足度とサービスの質の高さ、保有している案件が優良であるといったことが利用として考えられます。

グローバル人材、外資系企業等で働くことをキャリアとして考えている方におすすめします。

10業界に分かれた専門部署を立ち上げているため、業界に応じたきめ細かいコンサルティングを実現しているようです。

さらに、JACの強みは「一気通貫型」です。業界大手で一気通貫制を導入しているのはJACのみです。

ですから一人あたりの担当顧客も少なく、きめ細やかで質の高いコンサルティングが期待できるのです。

 

マイナビエージェント

おすすめ度:★★★☆☆

マイナビは求人情報サイトとしての位置付けは国内トップクラスですが、エージェントとしては中堅クラスな印象です。

第二新卒や20代の転職にも力を入れており、キャリアの浅い方にとってはエージェントとして選択する価値は大きくあるでしょう。

求人広告のマイナビを軸として、掲載求人数、非公開求人数も多いです。約8割が非公開求人となります。

 

エンエージェント

おすすめ度:★★★★☆

サポート力を売りにしているenエージェント。入社後のアフターサポートも充実しており、3年間定期的にサポートしてくれます。

enは新卒向けの求人広告事業から撤退しているため、転職事業に注力しているようです。

実際に他のエージェント会社と比較して親身になってサポートしてくれる方が多い傾向が見受けられました。

時には転職をおすすめしない等、本当に転職側の気持ちに立ってアドバイスをもらえることが多いです。

 

転職@type

おすすめ度:★★★☆☆

キャリアデザインセンターが運営している転職@type。

20代~30代層向けの求人を得意としています。

略称:CDCは、きめの細かいサービスも特徴として掲げており、模擬面接に関して力を入れているようです。

模擬面接をしてもらえると、慣れない転職希望者にとっては非常に力強いですよね。

 

業界特化、高い質をニッチな特徴と強みを売りにするエージェントのおすすめ

自分のやりたい仕事、キャリア、業界や職種まで明確であれば業界特化型のエージェントサービスを利用するのもありです。

 

エス・エム・エスキャリア

おすすめ度:★★★★☆

医療、介護、福祉に特化したエス・エム・エス系列の人材紹介サービスです。

特に看護師分野においては圧倒的業界No.1のシェアを獲得しており、求人数も最も多く、おすすめです。

自社でケア人材、PT/OT、ナース、栄養士、検査技師、放射線技師、工学技士、保育士、歯科衛生士等の幅広い人材バンクを扱っており、

それらのデータを元に人材紹介サービスを提供する形となっております。

 

ワークポート

おすすめ度:★★★☆☆

IT業界に特化しているワークポート。

12年間で1万人の転職実績転職エージェントとして、専門性の高い転職相談サービスを提供しています。

非公開求人を含め15000件以上の豊富な案件を取り扱っています。

 

アイ・アム

おすすめ度:★★★☆☆

インターワークスが運営しているエグゼクティブ特化型の専門人材紹介サービスです。

少数精鋭、量より質、きめ細やかなサポートを強みとしています。

 

メイテックネクスト

おすすめ度:★★★☆☆

エンジニアの転職に特化しているメイテックネクスト。

エンジニアの求人が常時10000件以上、独占求人を含む業界No.1の求人数を売りにしています。全体の約80%が非公開求人となっております。

土日祝日の対応といった柔軟なサポート体制も売りの一つです。

 

クリーデンス

おすすめ度:★★★☆☆

アパレル業界の求人、転職では業界最大手となります 。大手・セレクト・外資・商社など多数の求人をアパレル・人材業界出身のスタッフが紹介しています。

国内トップクラスのブランドのデザイナー、世界的外資ラグジュアリーブランドの販売、安定の老舗商社の企画、成長著しいファッション系ECポータル運営など、累計取引企

業2,700社以上、非公開求人を含め常時1,700件以上ある求人から、あなたのスキルや志向性に合う仕事を提案しています。

 

 

近年で急成長のおすすめ!

人材業界自体が歴史的にも浅い業界ですが、その中でも近年で急成長しているベンチャー企業が展開している事業には大きな魅力があります。

 

ビズリーチ

おすすめ度:★★★★☆

ビズリーチ、キャリアトレック等を展開している人材会社です。

ダイレクトリクルーティングを全面に押し出している同社。

ダイレクトリクルーティングとは、一言で言うと仲介となる転職エージェントが介入しないサービスのことです。

もっと簡単にいうと「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」等と似たような形になります。

リクナビNEXTの場合は求職者が積極的に応募するのに対して、ビズリーチの場合は企業側からのオファーが多いようなイメージになります。

リクナビNEXTにおいても、同様のオファーは来ることがありますが、ビズリーチのほうがオファーに対して積極的というコンセプトで取り組んでいます。

一方でキャリアトレックは人工AIを利用したマッチング型求人アプリです。

20代向けのサービスとなっており、まだキャリアが明確に定まっていない人向けに適性やキャリア分析を行ってくれて、最適な求人をレコメンドしてくれます。

ビズリーチ自体は、管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化した、国内最大級の会員制転職サイトとなっております。

同社が展開しているサービスにはどれも勢いと成長性があるため、期待大です。

 

 

Green

おすすめ度:★★★★☆

株式会社アトラエが運営しているIT、Web業界に強いGreen。

こちらは人材紹介、エージェントではなりませんが、おすすめなのでご紹介いたします。

「気になる」「話を聞いてみたい」機能で面談が気軽に採用担当者とやり取りができるというのが特徴の一つです。

ベンチャー企業が求人の中心となっており、他の求人メディアでは取り扱っていない案件も多数あるので、一度登録してみることをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。