いつから動き出すのが正解?最も適した転職活動を始める時期について考える

スポンサードリンク

転職活動はいつから始めれば良いのか、不安を感じる方も多いでしょう。転職は人生の中でそう多くは訪れないことですし、人生の今後の行方を左右する大事な出来事です。

今回はそんな方々に向けた転職活動を始めるのに適した時期についてご紹介いたします。

 

一般的に求人数が多いのは「9~11月」、「2~3月」

転職市場において最も求人が多く発生するのが9~11月と2~3月の間になります。

9~10月については、上半期を終えて欠員の補充及び、業績好調の企業が増員の為に求人を多く出すケースが定番です。

どちらかと言うと、即戦力人材の採用に重点を置いている企業が多いようです。

2~3月については、新年度の4月入社に向けての採用や、12月いっぱいで退職した社員の補充で募集を出すパターンが多いです。

2~3月は第二新卒、未経験採用で入社する方にとってもチャンスが多い時期といえそうです。

 

第二新卒、未経験採用の穴場は5~7月!

第二新卒や未経験でも採用されるケースが高まるのがGWが終わって、7月くらいまでです。

人事異動、新入社員の研修等が終わり、落ち着いたと思いきやそういった環境の変化等に耐えられずに辞める社員が多くなりがちな時期でもあります。

そうなれば、第二新卒、未経験者においても採用されるケースが自然と高まってくるわけです。

この時期の人員募集のメインは欠員補充といってもいいでしょう。

 

8月と12月は求人数が少ないが、応募倍率も下がるのでチャンスかもしれない

8月と12月は長期休暇等、プライベートな予定を組む方も多く、応募する側も転職活動を精力的に行う方は少なめといえるでしょう。

募集側にとっても、同様で採用活動は抑えめの傾向にあります。

ですが、あえてそこを狙って精力的に活動するのもありかもしれません。

応募倍率も低く、穴場の求人が見つかるかもしれません。

 

全体的な統計や傾向だけで考えないほうが良い

求人数だけで見れば、9~11月、2~3月が良いと考えられますが、転職希望者の抱えている事情や転職志望度等は人それぞれになります。

会社によって決算月も異なりますし、業界や職種によっても異なる要素はありますので、一概にこの時期がベストとは言えません。

最もベストなのは自分が転職をすることの決意が固まった時期です。明確なキャリアと自分軸、仕事をする上で大切にするもの、価値観等をしっかり磨くことが大切です。

これらをしっかり準備しておけば、いつでも転職はできると考えられます。後は自分の希望に合った求人が出るのを待って、出た際には一気に決めてしまう。

そういったやり方もありだと思いますし、今の仕事にどうしても耐えられない、精神的、肉体的にも限界というのであれば、すぐに辞めて転職活動をするのもありです。

自分自身の人生ですから、正解も間違いもないのです。自分なりに真剣に向き合って考えて、導き出した答えに向かって進んでいきましょう。