これからの時代の働き方やキャリア形成、仮想通貨をはじめとする投資について役立つ情報を発信しています。

転職希望者をその気にさせるスカウト、オファーはあまり信用しないほうがいい理由3つ

スポンサードリンク

今の時代、これからの将来において転職はより身近なものになり、働く人々のキャリアを充実させるための手段としてますます確立されていくと考えられます。

とは言うものの、転職は必ずしも良い選択とは限りません。思い切りも大事ですが、慎重に判断することも大切なのです。

今回は、少し転職について慎重な視点で役立つ情報をご紹介いたします。

 

甘い言葉を並べて誘惑してきます

リクナビやマイナビをはじめとする求人メディアに登録すると、プライベートオファー、プラチナスカウト、とにかく特別感を演出して、転職希望者をその気にさせようとしています。プライベートオファー、プラチナスカウト等といった、特別感溢れるネーミングのオファーやスカウトを送ってくるわけです。

ここで気持ちを高ぶらせてしまったら、人材会社の思うツボです。冷静で慎重な判断を心がけましょう。

登録者からしたら、こんなに自分のキャリアは市場価値があるものなんだ!なんて勘違いもしてしまいますよね。

実際に転職市場は現在売り手市場へ若干シフトしていますので、有効求人倍率から考えれば選りすぐりしなければ、決まりやすい環境下にはあります。

人材業者からみれば、少しでも見込みのある転職希望者を増やしたいわけですから、当然の流れとも言ってもいいでしょう。

 

普通に落ちますのでご注意。

特別なオファーやスカウト、まるでヘッドハンティングされたかのような気分になったと思いきや、応募や返信をしてみたらお祈りされるケースもあります。笑

無事面接まで進んだ場合も、特に特別感はなく、淡々と面接が始まります。本当に普通の面接です。

特にこのオファーやスカウトを受け取ったからといって、基本的にプラスのハンデになることは殆どないです。中には書類選考免除、1次面接免除といった例もあります。

書類免除、面接確定のオファーは割りとあります。あとは本人の経歴次第といったところでしょう。

そもそも本物の凄腕の方は、身の回りから直接的にヘッドハンティングされる可能性が高いでしょう。笑

転職希望者はこの時点で色々とギャップを感じることになります。

 

求人内容はブラックボックスである

オファー内容の中には、東証一部上場、世界トップシェア等といったいかにも名声高いPR内容が記述されています。

社名非公開求人も多く、実際に応募してみたら、イメージがまったく違う、応募経験のある企業だった、なんてこともあります。

開けてみたらびっくり、実際に事が進まないことには何もわからないブラックボックス状態なわけです。

これは求人情報に限らず、日本の雇用、労働環境自体に言えることでもあるので、ここまで気にしていたらきりがないかもしれません。

それでも正しい情報をミスマッチすることなく、なるべく見つけ出すのに最も近く、手軽な方法は口コミサイトと有価証券報告書です。

エン・ジャパンでは実際の働いている社員の口コミ情報を掲載しており、なおかつエージェントサービス、転職求人メディアも展開しているので、おすすめです。

 

まとめ

転職は一生にそう多く訪れることのない選択の機会です。それをチャンスに変えるか、失敗に終わってしまうか、明暗を分けるのは自分の棚卸しをしっかりすることです。

そして周りの意見や環境に流されないことです。職場内であったり、転職エージェントであったり、恋人や友人、家族等、色々な方と相談する機会は出てくることでしょう。

自分が何のために働くのか、仕事をする上で最も大切なもの、価値観やビジョン、社風など、考えるべき要素は沢山あるわけです。

これらを一つ一つ明確にすることによって、自然と先へ進むべき道のりは切り開かれていくことでしょう。

関連記事

プロフィール

jin

平成生まれのサラリーマンブロガー。
就活/転職/アフィリエイト/株/仮想通貨
仮想通貨投資実績は30万→420万(17.3月~)
JobQ最高7位 転職経験者、人材業界勤務。

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

私の推し銘柄