転職、キャリア、生活全般、株、アフィリエイト等幅広くこれから旬になりそうなトレンドをリサーチして配信しております。

労働時間が気になる方向け!月残業40時間から考える社会人の生活リズム

スポンサードリンク

働く上で労働時間の長さは社会人としての生活リズムを大きく左右することになりますよね。

好んで残業したいという方はいないでしょう。仕事が終わらないのが殆どでしょうし、残業代を稼ぎたいという方もいるかもしれません。

家庭との時間を大切にしたい、プライベートの時間を充実したい等、残業をしたくない方も多いと思います。

今回は残業40時間という設定で考えてみますが、月残業時間が40時間とは実際にいかがでしょうか。

 

1日の残業時間は平均2時間である

土日祝日休みの会社で考えれば月の稼働日は平均20日前後です。20日で考えれば1日残業は2時間ということになります。

17時定時なら19時まで、17時半なら19時半、18時なら20時といった具合です。個人差はありますが、20時を越えると少し遅い気がしますよね。

会社によってはノー残業デーが設定されていて、それでも40時間といった場合は週1回、月に4回実施すると16日換算で平均残業時間が2.5時間になります。

メリハリのある職場環境は良いですが、ノー残業デーを設定している会社で月残業時間が40時間となると、それ以外の曜日で大分残業している気になりそうです。

 

通勤時間が長いと大変になる境目である

1日の平均残業時間が2時間だとすると、通勤時間が長い場合に少し大変になりそうですね。

通勤1時間圏内に住んでいる方が最も多いとされていますが、1時間~1時間半、長い方は2時間かかるなんて方もいるものです。

そうなると、20時に退社しても自宅に帰ると22時近くになっていたりと、プライベートを重視したい方にとってはなかなか厳しい生活リズムとなりそうです。

小さいお子さんがいるような家庭で、家族との時間を大切にしたいといった方にとってはなかなかしんどい生活になりそうですよね。

 

求人広告と異なるサービス残業の実態

残業40時間なら我慢できると思い、求人に応募してみたら、実際はサービス残業のオンパレードだった…という経験のある方もいるのではないでしょうか。

残念ながら日本の企業ではそんな企業が蔓延しています。求人広告や企業面接でいう残業時間の話はあまりあてにならない内容のものばかりです。

それじゃあどこの会社も不安で受けられないって話になりますよね。そんな方は実際に職場を通りすぎてみたりすると良いでしょう。

近くにカフェ等、休憩しながら様子が伺える場所があれば社員の方が出てくる姿をこっそり見てみるのも効果的かもしれません。

それぐらいしないと、今の日本の就職状況を見ていても、ブラックボックス化している点が多いため、正確で確実な情報を仕入れることはできないでしょう。

 

36協定で定められている月残業時間は45時間である

36協定では時間外労働をする場合の限度時間が設定されており、1ヶ月の場合は45時間、1年の場合は360時間といった内容で定められています。

さらに、変形労働時間制の会社であれば、これらが月42時間、年間320時間となります。

特別条項というものも定められており、上記の労働時間を臨時的に越えても年間で収まれば問題ないといったような仕組みも存在しています。

そして、これらが6ヶ月以上続いてはならないといった制限も設定されています。

実態としては、45時間越えしている会社はざらにありますが、近年残業に関するニュース等、世間でも関心の強いものへとなってきています。

将来的には45時間越えはしない程度、月残業が40時間程度になるといった会社が多くなってくるのではないと考えています。

今後の日本の労働環境の在り方が変わることを願っています。

関連記事

プロフィール

jin

平成生まれのサラリーマンブロガー。
就活/転職/アフィリエイト/株/仮想通貨
仮想通貨投資実績は30万→300万(17.3月~)
JobQ最高7位 転職経験者、人材業界勤務。

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。