転職、キャリア、生活全般、株、アフィリエイト等幅広くこれから旬になりそうなトレンドをリサーチして配信しております。

今一番おすすめのFX取引はこれ!bitFlyer Lightningを使って仮想通貨バブルに乗っかるのがベストな理由

スポンサードリンク

株取引やFX為替取引はすっかりメジャーな存在になり、今や資金運用は自分で積極的に行っていくべき時代になってきました。

株取引はそれこそ信頼性は高く、ある程度の安定性もありますが、参入する上では資金が多く必要です。

FX為替取引に関しても多大な資金を投入し、金額を動かさないと利益を得るのは難しいため、初心者はすぐに資金を失ってしまうケースも多く見受けられます。

それに対して、ここ最近価格は上昇し続けているビットコイン。

仮想通貨元年、仮想通貨バブルという声も多い今だからこそ、新規参入される方の後押しができるような内容をご紹介したいと思います。

 

仮想通貨バブルの歴史

ビットコインはブロックチェーンやP2Pといった技術を用いた仮想通貨の名称であり、その時価総額や知名度は一目置かれた存在で、基軸通貨という位置付けになっています。

同じように仮想通貨と呼ばれる種類の通貨は多数存在していて、これをアルトコインと呼びます。

仮想通貨の歴史は2011年から始まりますが、2017年の今は仮想通貨元年、仮想通貨バブルが来る年という呼び声も高まっています。

現にビットコインは昨年まで4万円台だったものが15万程になっており、アルトコインの代表格であるイーサリアムは今年の1月から今にかけて1000円台から8000円、

リップルは0.6円付近だったものが8円まで高騰しました。その他銘柄に関しても、初期リリースから何十倍になっているものは多数存在しています。

 

なぜ今投資するべきなのか

ビットコインを知らない人は大分減ってきましたが、実際に取引しているという人はまだまだ少ないのが現状です。

まだまだ少なく、その通貨としての信頼性についても疑問視の声も多いということは、逆にそれだけ大きなチャンスでもあるということです。

誰もがビットコインを知っていて、身近に利用するようになっていたとしたら、それはもうバブルが弾けたときであり、今の株やFX為替取引と同じ状態になります。

プロトレーダーをはじめとする限られた人にしか、利益を生み出せないものになってしまいます。

だからこそ、今このタイミングでなるべく早く投資を始めていくべきだと私は考えています。

 

bitFlyer Lightningの魅力

そんなビットコインを取引をする上でのおすすめツールはbitFlyer Lightningです。

bitFlyer Lightningとは、BTC、BTCFX、ETH、BTC先物取引を提供するbitFlyerが展開するサービスです。

bitFlyerは日本最大のビットコイン取引所であり、株主には三井住友グループやみずほフィナンシャルグループ、リクルート、GMOといった名だたる大企業が揃っています。

 

洗練されたデザインと、わかりやすく安定した操作性

実際の画面がこちらです。見やすいチャートと取引版、チャットルームも設置されていたり、効果音もついているあたり、利用者の期待を高める作りになっています。

(※ちなみに私はbitFlyer Lightning FXは始めて1週間弱ですが、9万→20万になったことで、かなり驚いています。)

 

レバレッジ幅や注文種類が豊富

Lightning FXではレバレッジが最大15倍まで適用可能で、注文種類は成行注文はもちろん、指値、ストップ、ストップリミット、IFD、OCO、IFD/OCOといった特殊注文にも対応しています。

ビットコインに関しては特殊注文が可能の取引所が多いですが、アルトコインに関してはレバレッジや特殊注文対応をしているところは殆どないのが現状です。

 

今なら売買手数料が無料!

ビットコイン売買手数料がしばらく無料とのことです。終了の2週間前に告知とのことですが、これはビッグチャンスの予感しかしません。

 

 

 

他の国内取引所の魅力と比較

Coincheck

コインチェックはレジュプレス株式会社が展開する国内仮想通貨取引所です。その取扱いの銘柄数は国内では最大であり、スマホアプリもリリースしているため、操作性も抜群、投資初心者でも簡単に参加できるというのが最大の魅力ではないでしょうか。

コインチェックのビットコイントレードツールはTradeviewです。こちらもLightning FXと同じように、洗練されたデザインです。

個人的にはアルトコインの取引を行うなら、コインチェックはかなりおすすめです。

コインチェックの懸念点は利用者数が急激に増えているのか、サーバーが若干弱いのかは不明ですが、非常に重たくなる場合があります。

ビットコイン取引に関しては、特殊注文の種類とサーバーの強さとレバレッジの面で個人的にはLightning FXに軍配をあげます。

 

Zaif Exchange

ザイフはテックビューロ株式会社が展開する国内仮想通貨取引所です。なんといっても最大の魅力は唯一の日本発祥とされるモナーコインの取引ができるという点です。

また、AirFXに関しては、25倍のレバレッジまでかけることが可能なのは大きな魅力です。

ザイフの懸念点は利用者がビットフライヤーやコインチェックと比べて少ないという点で、注文数も少ない印象が見受けられました。

レバレッジの面では魅力的ですが、やはりビットコインの取引では取引量も多く、安定性の高いLightning FXをおすすめします。

ちなみに、ザイフはホリエモンがアドバイザーという立場についているため、今後他社にはないサービス展開を繰り広げて市場を盛り上げてくれそうな期待を持っています。

 

アルトコイン取引との比較

基本は成行注文しかできない

アルトコイン取引を国内で行うとすれば、コインチェックが有力です。チャートを振り返っても取り扱う12銘柄はどれも右肩上がりです。

今買っておけば殆どの銘柄はこれからもしばらくは上昇トレンドといったところだと思います。(ここ1~2日で全銘柄大幅に上昇したため、短期では少し懸念材料も有)

そんなアルトコインは基本的に成行注文しかできないというところがデメリットです。

購入時は相場よりも高く、売却時は相場よりも安く売買しなくてはならないリスクを背負います。

これにより、短期売買をする時には、ある程度の利益が確定した段階で売買しないと利益を得ることができないということになります。

 

レバレッジ取引という意味では多少のリスクは発生する

レバレッジをかけて取引するということは、ロスカットがあるとはいえ、ある程度のリスクは必要になります。

それに対して、アルトコインであればまだ1単位1円未満~5円程の銘柄というものも存在しているため、現物の資金で手軽に始められるというメリットはあります。

ですが、そもそも仮想通貨に手を出すこと自体も今後どうなるかわからない通貨である為、多少のリスクであることには変わりありません。

今の世の中の流れを見ていると、仮想通貨はどんどん知名度を上げてきていて、ブロックチェーン技術をはじめとするニュースも増え、

実際にそれらの技術を採用、提携するといった名だたる企業も増えてきているわけです。

 

ビットコインをはじめとする仮想通貨の価格予測

仮想通貨について言及する著名な方はたくさんいらっしゃいますが、中には日本円で100万程の価値になるという人物もいたり、中にはハードフォーク危機といった分裂による価値の暴落という予測を立てている方もいます。

どれを信じるかは人それぞれではありますが、私個人としてはビットコインが今後1~2年で30万、今年中に20万は固いのではないかと予測しています。

その間に何かしらの形で暴騰暴落したりする場面はあるでしょう。その間にうまく短期売買を行って利益を得るのもよし、長期投資で利益を得るのもよし、まずはビットコインに自分の余裕ある資金で投資を始めてみることをおすすめします。投資は自分の余力の範囲内で無理ない程度に行うのが理想です。

そのタイミングは今です。ぜひこの機会に仮想通貨投資を始めてみましょう。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

プロフィール

jin

平成生まれのサラリーマンブロガー。
就活/転職/アフィリエイト/株/仮想通貨
仮想通貨投資実績は30万→300万(17.3月~)
JobQ最高7位 転職経験者、人材業界勤務。

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。