これからの時代の働き方やキャリア形成、仮想通貨をはじめとする投資について役立つ情報を発信しています。

「億り人」も夢じゃない!?BittrexやLiqui等を使って、マイナーな仮想通貨を開拓しよう!

スポンサードリンク

今年は仮想通貨元年と呼ばれるだけあって、ビットコインをはじめイーサリアム、リップルといった主要な銘柄の価格が暴騰しています。

やはり一度上がってしまった仮想通貨はもう上がってもその上昇率は初期程のパーセンテージに届くことはないのです。

しかしまだこれから上がる仮想通貨も沢山存在しているかもしれません。今回はそんなこれから伸びるまだマイナーな仮想通貨銘柄を購入するために必要な取引所と

私が今購入している仮想通貨についてもご紹介いたします。(ちなみに億り人というのは投資で総資産が億に達した方を指しています。)

 

Poloniexよりも取り扱い銘柄が多い「Bittrex」

Poloniexといえば、コインチェックやビットフライヤー等のチャットの話題にも「ポロ」といった愛称でよく聞く名前ではないでしょうか。

通称「ポロ」は海外仮想通貨取引所であり、その取り扱い銘柄数や取引所としての規模数も世界有数を誇ります。

Bittrex」に関しても、Poloniex程ではありませんが、比較的規模の大きい取引所というところで、一定の知名度を世界で誇っています。

Bittrexの強みはその取り扱い銘柄の数です。また、Poloniexに上場していないマイナーな銘柄も多数取り扱っています。

海外の取引所で取引する最大のメリットはまだ値上がりしていないマイナーな仮想通貨に投資できるという点です。

「Poloniex」や「Bittrex」はこれから伸びるであろう仮想通貨を開拓するには最適なのです。

 

~私が購入しているBittrexの注目銘柄~

 

COVAL

仮想通貨SNSのクリプトパークで支持されているCOVALLoyyalプロジェクト(ドバイでのポイントサービス等)との関連性が強いとのことで、注目を集めています。

個人的にロゴマークやHPをパッと見ただけではあまり一押しするほどではなかったというのが第一印象ですが、Loyyalプロジェクトに関しても、面白い内容でした。

個人的な予測では大化けしたとしてもいいところ2~30円程ではないでしょうか。

 

 

Melon

イーサリアムベースで作られている仮想通貨で、パートナー企業を見てみると、Microsoft BizSparkの名前があります。

イーサリアム×Microsoftといったところで期待が持てそうな通貨だと思えそうですよね。

注目したいのがこの通貨の総量です。1Melon=113$=日本円で12500円前後ですから、高いかと思いますが、総発行数は125万枚と言われており、

Coinmarketcapの情報では、74万MLNが現在の総供給量となっている模様です。

Etherreumは今1Ether=3万程に対し、最初に発行された枚数が7200万と言われています。

Etherreumの約60分の1の量と考えれば、1枚に対する価値も上がるのではないでしょうか。

Coinmarketcapの相場を分析してみると、総数が少ない仮想通貨は値段もそれに応じて高くなっている傾向にあります。

Melonが実用化に向けて動きがみられれば、枚数面でもMelonの価格の高騰が予測できるのではないでしょうか。

 

マイナーな銘柄を中心に扱っている「Liqui exchange」

PoloniexやBittrexといった比較的知名度の高い海外取引所でトレードするのも慣れてきて、刺激が足りなくなった方におすすめなのが、Liqui exchangeです。

 

~私が購入しているLiquiの注目銘柄~

DECENT

クリプトカレンシーマガジンやSNSのクリプトパークでも取り上げられています。HPのデザインもなかなか洗練されていて好みでした。

現在Pre-Launch中であるため、正式なLaunchとなれば、更なる高値が期待できるのではないでしょうか。

他にもHitBTCやOpenledgerで購入することも可能です。

1日の取引量が少ないため、相場の変動が激しいです。誰かが大量に売買することによって、一気に値段は変動する程の取引量である為、

リスクは高いといえますが、SNSでフォローしているユーザーも多く、注目度の高さも伺えるため、期待できる銘柄かもしれません。

6月中にLaunchするという話も出回っているため、売買量が少ない今のうちに仕入れておくのもよいかもしれません。

 

激安銘柄が集うニュージーランド発の「Cryptopia」

なんといっても安い!1通貨=0.00000001BTCという一桁銘柄がたくさん存在しています。

~私が購入しているCryptopiaの注目銘柄~

Mintcoin

まだ1MINT=0.00000014BTCということで激安です。こういったコインは一発当てれば10倍~100倍の見込みは十分にあります。

ですが、こういった銘柄は他にもたくさんあるので、少額で多くの種類の銘柄を購入しておくと利益を出しやすいかもしれません。

少なくとも、仮想通貨バブルが今後も続けば安価な銘柄に関しても主要銘柄に引っ張られて上昇傾向が続くと予想できるので、損しても良い程度に

眠らせておくと将来に向けた楽しみになって良いかと思います。

個人的に激安銘柄の中で判断基準にしているのは取引量とホームページや通貨デザインのクオリティを気にしています。

取引量はとても重要で、取引量が多いとそれだけ他にも注目を集めている方が多いということに繋がります。

基本的に海外発の仮想通貨はHPも英語なので、内容がわからないという方も多いでしょう。

そんな時にはホームページや通貨自体のデザイン・パッと見のクオリティで判断したり、SNSのフォロワー数、余裕のある方はGoogle翻訳等を利用して

その仮想通貨のコンセプトや将来像を考えながら投資していくと良い結果に結びつくと思います。

 

 

※仮想通貨取引に慣れてきた方におすすめです。

 

Bittrex

Liqui

Cryptopia

 

※初めて始めるということであれば、直観的に操作できるCoincheckがおすすめです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

プロフィール

jin

平成生まれのサラリーマンブロガー。
就活/転職/アフィリエイト/株/仮想通貨
仮想通貨投資実績は30万→420万(17.3月~)
JobQ最高7位 転職経験者、人材業界勤務。

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

私の推し銘柄