これからの時代の働き方やキャリア形成、仮想通貨をはじめとする投資について役立つ情報を発信しています。

非課税になった仮想通貨!近づくビットコイン分裂危機とその後の価格推移を予測する

スポンサードリンク

 

仮想通貨市場の急騰は6月に入ってからだいぶ落ち着いてきて、この辺りから投資を始めた方にとっては、やや厳しい状況となっている方も多いのではないでしょうか。

 

そんな市場内の短期的な判断材料としては、7月の仮想通貨非課税化と8月のビットコイン分裂危機が注目を集めています。

 

今回はそれら2つを含めて今後ビットコインはじめ仮想通貨の市場がどうなるかを考えてみたいと思います。

 

短期トレーダーやレバ取引を行っている人が狩られやすい相場感

最近は短期トレーダーにとっては乱高下が激しく、経験の浅いトレーダーにとっても、熟練トレーダーの方でも予想しにくく苦しい相場感ではないでしょうか。

 

仮想通貨の市場はまだまだ小さいため、資金力がある方が取引に参加すれば1人で買い板を買い上げられてしまうことも不可能ではないのです。

 

その結果が一瞬にして数万円の暴騰暴落に繋がるわけです。

証拠金に余裕がない状態で取引されている方は仕手にまんまとやられてしまいます。

 

個人的に今はあまり短期トレードに参加するべきではないと考えています。参加する場合は余裕ある証拠金で始めましょう。

 

実際にどれだけ乱高下が激しいかを見るには、bitFlyer Lightningを始めて体験してみることをおすすめします。

 

現物でもFXでも視覚的に見やすく、取引や実際の相場の流れを掴むのには最適です。

過去の記事で紹介しているので、そちらでもぜひチェックしてみてください。

 

「噂で買って噂で売る説」は本当かもしれない

仮想通貨はビットコインであれば、多少実際の生活でも使用できる場面も増えてきて、実用性がありますが、他の通貨はまだ実用性がある段階まで来ていません。

 

そんな未発達の仮想通貨市場ですから、「噂で買って噂で売る」という声もよく聞いたりしますが、あれは現段階では私も賛同できます。

 

もちろん長期保有であれば、自分の信じた通貨をずっと持ち続けて放置していれば良い(いわゆる気絶式投資法w)訳ですが、デイ、スイングトレードで短期的な保有をする方にとっては、噂で買って噂で売るというのは戦略としてありだと思います。

 

例えば今回の7月の消費税問題に関していえば、7月1日である今日は実際大きな相場下落は今のところありません。

8%分は下がるといった声が多かったですし、なんだか説得力のある理由でもありました。

 

実際は日付が変わった頃に急騰しました。恐らくあれは仕掛け買いだと思っています。今はかなり仕手相場であるとみています。

8%リスクを恐れていた方はもう少し前の段階で売ってしまっていた可能性も考えられます。

 

半減期だから上がるとか、ハードフォークで下がるとか、そういう情報を得た場合には実際のその日付よりも1週間~2週間前に仕掛けているトレーダーの方は多いのかもしれません。

その流れでいけば、8月1日の分裂危機に関する問題は下がるという声が大きいわけですから、もう仕掛けているか、もうすぐ仕掛けてもおかしくないはずです。

 

個人的に私の予測としてはここ最近で乱高下を繰り返していますから、8月1日に相場が動くというよりも、それより1週間~2週間に方向性が決まると考えています。

 

※ビットコインはじめ、相場をチェックするのであれば、CryptoCurrency Market Capitalizationsを定期的にチェックしましょう。

 

基軸通貨のビットコインは圧倒的に強い

基軸通貨として、ブランド力も圧倒的なビットコインはやはり強いです。

 

技術的な面では他の通貨の方が良いとされている声も多く挙がっていますが、

今回どうなるか注目されている分裂問題の中では意見の強いSegwit2xを実施することですが、

 

これも含めて技術的な微調整で解決され、

ビットコインは今後も基軸通貨として発展を続けていくであろうと予測しています。

 

やはりどの取引所でもビットコインは基軸通貨として役割を果たしていますし、

現時点で他に代替の効く通貨はないと思います。

 

仮に他の通貨で基軸通貨としての役割を果たせるほどの通貨が登場しても、

浸透するまでにはまだまだ時間がかかるのではないでしょうか。

 

少なくとも今月は相場がまた大きく動く可能性の高い月であると思っています。

それだけビットコインは世界中の人々に注目を浴びているということです。

 

今回は不安材料をお伝えしましたが、とはいえ、今年は仮想通貨元年といわれるだけあって、億万長者になる方も多数誕生し、業界は賑わっています。

そんな実績を出している方を目のあたりにして、自分も投資は初めてだけど、仮想通貨投資を始めたい!という方もいるのではないでしょうか。

まずは仮想通貨について軽く勉強する必要がありますよね。そんな仮想通貨投資を始める上でチェックしておいたほうがいい書籍はこちら。

 

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン 著:大塚 雄介

 

仮想通貨に興味はあるけど、いまいち仕組みがわからない、ネットで調べてもしっくりこない、胡散臭い等思ってしまう方も多いでしょう。

そんな方にまずはこれ。Coincheck株式会社は日本でもシェアトップを誇る仮想通貨取引所を展開している会社です。同社COOの大塚さんが書いています。

これを読めばまずは仮想通貨の仕組みから将来の仮想通貨の使われ方等、イメージできるようになってくると思います。

 

 

※個人的な予測に過ぎませんので、ご参考に留める程度で投資は慎重に行うことをおすすめします。

関連記事

プロフィール

jin

平成生まれのサラリーマンブロガー。
就活/転職/アフィリエイト/株/仮想通貨
仮想通貨投資実績は30万→420万(17.3月~)
JobQ最高7位 転職経験者、人材業界勤務。

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

私の推し銘柄