これからの時代の働き方やキャリア形成、仮想通貨をはじめとする投資について役立つ情報を発信しています。

2段階認証とウォレット管理!仮想通貨資産を守るために実施したいセキュリティ強化法!

スポンサードリンク

 

仮想通貨元年と呼ばれる2017年。絶好の投資チャンスがやってきています。

投資を始めて大きく利益を得ることができた方も多くいるのではないでしょうか。

 

資産が大きくなればなるほど、ハッキング、紛失、盗難等のリスクが高まります。

今回はそんな資産を守るために実施したいセキュリティ強化法についてご紹介いたします。

 

同じパスワードは使用しない

基本中の基本ではありますが、同じパスワードを使用することはやめましょう。

ログインする際に楽ということはあるかもしれませんが、ハッキングされてしまった場合は非常にリスクが高いです。

 

ツイッターではこのような被害報告のツイートもちらほら目撃されます。

 

パスワードを紙で書いて保管するのもありですが、アプリを導入してみるのも良いです。

 

・パスワード管理アプリ「1password」

アプリであれば、1passwordがおすすめです。

アプリはこのような画面で管理していきます。

トライアル期間が30日で、月額400円であらゆるパスワードの管理が安全で容易に行えます。

 

 

2段階認証を実施しよう

仮想通貨市場は発展途上のため、そのシステムに対してもハッキング対象として

狙われやすいです。

 

万が一パスワードをハッキングされても、2段階設定していれば防げるかもしれません。

2段階認証を設定することにより、ハッキングされにくくなります。

 

端末やメールアドレスのログインまで破られることは

パスワード単体のハッキングと比べれば格段に低いといえるでしょう。

 

そんな代表的なアプリがGoogle Authenicatorです。

 

・2段階認証アプリ「Google Authenticator」

6桁のワンタイムパスワードがランダムで発行される仕組みとなっています。

 

ウォレットを分散させる

資産はすべて取引所にあるという方も多いと思います。

しかし、1つの取引所だけというのはリスクが大きいです。

 

万が一取引所が破たんしてしまったり、ハッキングされてしまったら、

全ての資産を失う可能性が高いです。

 

取引所だけではなく、ウォレットの導入もおすすめします。

 

複数のウォレットを利用することで、リスク分散させることをおすすめします。

 

ウォレットにも種類があり、現在存在しているのが

ウェブ、ハードウェア、ソフトウェア、モバイルの4種です。

 

 

・ウェブウォレット「MyEtherWallet」

MyEtherWalletもウェブウォレットの1つです。

ICO参加する際にETHが必要になることもあり、個人的には重宝しています。

秘密鍵とよばれる鍵を生成してウェブ上で管理していく方法です。

 

操作方法も簡単で手軽に取っつきやすいと思います。

ETH以外の銘柄も保管できます。

 

過去の記事でも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

・ハードウェアウォレット「Trezor」

ハードウェアウォレットの代表例はTrezorです。

Trezorは1つ所持していますが、サイズ感としてはMONOの消しゴムより一回り大きいくらいです。

とても小さく、持ち運び便利です。ただ、接続部分には少し不安を感じました。

雑に扱うと折れたりして壊れそうです…。

ハッキングされるリスクは低く、セキュリティ的にはとても優秀だと思います。


ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (グレー)

 

・ソフトウェアウォレット「Bitcoin Core」

ソフトウェアウォレットの例はBitcoin Coreです。

ウェブウォレットよりもセキュリティには強いですが、ダウンロード、導入する際に時間がかかります。

(本当にダウンロードやアップデートする度に果てしない時間がかかります。。。)

私はそれが理由でソフトウェアウォレットは使用していません。

 

・モバイルウォレット「bread」

breadwalletはiOS対応のモバイルウォレットです。

受け取り画面と送金画面の2つで分けられていて、操作性もよく、

シンプルでわかりやすいデザインとなっています。

モバイルウォレットは手軽に使えるため、支払い用のウォレットにするのもありですね。

その分セキュリティ的にはそれほど強固なものとはいえないでしょう。

 

どのウォレットも一長一短です。

ケースバイケースで使い分けることが重要ですね。

 

 

まとめ

絶対にやったほうがいい、できたらやったほうがいいと思われることの2つでまとめました。

・絶対やったほうがいいこと

①同じパスワードを使わない

②2段階認証を設定する

 

・できたらやったほうがいいこと

①ウォレットの導入

→ウォレットの導入は総資産が1000万超えたらMUSTだと思っています。

 

これを機会にセキュリティの大切さについてもう一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

プロフィール

jin

平成生まれのサラリーマンブロガー。
就活/転職/アフィリエイト/株/仮想通貨
仮想通貨投資実績は30万→500万→-30万(17.3月~)
JobQ最高7位 転職経験者、人材業界勤務。

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

短期大化け狙いの銘柄