【2017年末版】豊富な銘柄取扱で急伸している一押し!おすすめ海外取引所レビュー【Binance編】

スポンサードリンク

総取引高世界一の実績を作ったBinance。銘柄数ではこれまでBittrexが圧倒的でしたが、Binanceが急伸したことで状況が変わってきました。

Binanceにしか上場していない銘柄も多数あることからも、今登録して実際にトレードするべき取引所の一つであることは間違いないといってもいいでしょう。

今日はそんなBinanceについてご紹介します。

 

取扱量・取引高が世界最大級に!成長著しい取引所です。

 

 

創業者のChangpeng氏はブロックチェーン界隈でも影響力をもたらす人物の一人であり、中国大手取引所の一角であるOKCoinのCTOを務めたりしている方です。

そんなBinanceは公式ツイートからもあるように、取引高が世界最大となった実績を叩き出しました。今年7月にできたばかりの新興取引所であるにも関わらずここまでの成長は驚異的なものです。

割と初期の段階でミゾレウミウシ氏(マイさん)、最近だとイケハヤ氏だったり、結構利用している雰囲気があります。

Binance Coinをはじめ多くのBinance取扱銘柄が急騰したことからも、人口が急増していることが伺えます。

取扱銘柄数も100を迫るような勢いです。

 

また、月1でCommunity Coin of the Monthという他の取引所にない制度を取り入れることで、

人気通貨上位を投票により上場させ価値が上がる可能性があるプログラムがあります。これによって上場すれば仮想通貨としての知名度・ブランドも上がり、他の取引所へ上場するきっかけとなるでしょう。

 

BNB、TRXやRDN、REQといったように今騒がれている銘柄も多く扱っていることから、登録しておく価値はありだと思います。

日本語にも対応しているので、安心できます。

 

手数料が安い!BNBトークンでさらにお得!

Binanceでは送金手数料は銘柄によって異なりますが、取引手数料は0.1%となっており、さらに手数料支払にBNBトークンを使用することにより、さらに50%の割引を受けることができます。

取引高世界トップ、取扱銘柄数が多いに加えて、取引手数料も安くなるとなれば、BNBニーズも需要が高まりそうです。

 

フォークコイン狙いが美味しい

 

度重なるBTCのHFに対して毎度フォークコインを付与する方針を打ち出しているのが同社です。

その効果によってBTCはBinance取引所に集まり、儲かった利益で草コインを買い上げる方が増えている、そんな気がしています。

 

 

上がPCのUIで下がスマホアプリです。

画像にありませんが、アドバンスモードにすると少しLightning FXに近いようなUIになっていて、スタイリッシュでよかったと思います。

現在アプリに関してはAppstore国内での配信は止まっています。

個人的にもなかなか洗練されたデザインで使いやすいので気に入っています。

 

送金制限をなくす為に身分証の提示が必要となります

 

本人確認なしだとデイリーで2BTCまでしか送金することができないのに対し、身分証をアップロードすれば、100BTCまで可能になります。

 

現状だと2BTC送金できれば十分という方が多いのが現状だと思います。

 

これは海外の取引所であれば同様に求められることが多い為、メインで使う取引所に関しては手続きを進めておいたほうが後々よさそうです。

 

 

簡単にまとめるとこんな感じです。

今流行りの銘柄が多数上場しているからまずは登録だけでもしておいたほうが良い取引所。

 

ぜひ一度この機会に登録してみてはいかがでしょうか。

 

Binance

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。