【2017年末版】仮想通貨トレーダーとして生き残るために活用したいツール集【初級~中級編】

スポンサードリンク

仮想通貨の取引を行う上で重要なのは鮮度の良い情報です。また値動きが激しい為、動揺しないメンタルが大切です。

実際にトレーダーとして生き残れる人は数%もいないのが実情ですが、仮想通貨投資に至ってはバブルという声をあがる程、儲かっている人の割合は多いです。

今回はトレードする上で活用していきたいツールについてご紹介します。

 

 

Coinmarketcapではあらゆる取引所で上場されている仮想通貨に関する情報を仕入れることができます。価格は勿論、出来高から伸び率、発行枚数や供給数といった部分まで調べることができます。

このサイトを毎日チェックしていれば、市場感は大まかに把握できるはずです。

 

 

Twitterは鮮度の高い情報を入手できる可能性が高いです。特に界隈のインフルエンサーと呼ばれるようなアカウントをフォローしておけば、

その方のツイートは市場に影響を及ぼす可能性も高く、投資を行う上での参考の一つとすることができます。

例えばこんな感じです。一番最後のはマカフィー砲と呼ばれるものです。先日マカフィー氏が次々と値上がりする仮想通貨についてツイートすることで話題になりましたが、

彼の影響力は絶大で、ツイートされると軒並み相場が大きく動くというもので、通称マカフィー砲となりました。

 

 

ビットコイン相場.comでは国内や国外の取引所の価格の乖離や注文されている板情報、Lending時の年利想定をチェックすることができます。

 

 

各取引所の出来高を即時にチェックすることができます。大口の売買はいなごFlyerをチェックすれば流れを見ることができます。

短期・FXトレーダーの方には重宝されています。

 

 

BTC-FXトレーダー向けのツールです。BTCの相場に影響を強く及ぼす取引所に絞り、1画面で4取引所のチャートをチェックすることを可能にしたツールです。

いなごFlyerと併せてFXトレーダーの方には必須といえるツールでしょう。

仮想通貨は取引所によって相場が異なる為、出来高の高い取引所の相場をチェックするのは必須といえます。

 

ビットコインに関わる専門の情報サイト。外国のサイトの為、翻訳する必要がありますが、ここに掲載される情報が相場に影響を及ぼすこともあります。

ビットコインニュースサイトの一つとして日常から活用すると良いと思います。

 

ビットコインをはじめとする各種仮想通貨のコミュニティサイトです。

ここには開発者や界隈のコアユーザからビギナーまで様々なユーザが集い情報共有を行っています。

外国語が多いですが、出回っていない有益な情報が転がっていることがあります。

 

マイニングプールのシェアの確認ができたり、未確認送金についての確認をすることができます。

これによりマイニング会社の状況を把握することができます。

 

ビットコインの1日、1週間、1ヶ月単位での買いと売りの比率や出来高についてチェックすることができます。

相場が大きく動いている時、動きそうな時にチェックするとヒントが転がっているかもしれません。

 

各種仮想通貨のハードフォークやアップデート、イベント情報について掲載されています。

何かイベントが発生する前後には相場が大きく動くといったケースも多い為、要チェックです。

 

これから始まるICO情報について掲載されているサイトです。

同様のサイトとしては、ICO COUNTDOWNも存在しています。

 

各種仮想通貨のブロック数について確認することができます。

ブロック数を確認することによって、積極的にマイニング行われているか否かをチェックできるので、相場予測の参考となるでしょう。

 

 

ぜひこれらを活用すれば、仮想通貨投資がよりわかりやすく、楽しくなるはずです。

まだ取引所の登録が済んでいない方は、まずCoincheckから始めてみましょう。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。