法人向けプラットフォーム!気になる新規仮想通貨案件特集【SophiaTX編】

スポンサードリンク

CCMの記事で少々チェックはしていたSPHTX。高騰前のADKを見事的中させていることで有名な情報アカ氏のこちらの発言をきっかけに少し調べてみることにしました。

SAPといえば機関系パッケージソフトのERP等、世界中の企業で導入されている製品を世に送り出す、マイクロソフトやオラクル等に続くグローバル最大規模のソフトウェア会社です。

そんなSAPとの付き合いも深いようです。主に法人向けのサービスとして活躍しそうです。

SophiaTXは、ビジネスアプリケーションとソリューションを統合するブロックチェーンプラットフォームおよびマーケットプレイスである。

これはスケーラブルで柔軟なソリューションであり、P2Pアーキテクチャと分散化が望ましく、企業向けの特殊なプロセスとモジュールを備えた新しいアプリケーションの基盤となる。

SophiaTXはビジネスのためのブロックチェーンプラットフォームを構築し、SAPやERP、CRM、SCMシステムとブロックチェーンを統合する最初のオープンソースプラットフォームである。

ホワイトペーパーの詳細では、Ethereum、Hyperledger、SAP独自のBlock-as-a-service(Baas)など、現在のブロックチェーンの限界を明らかにした。

これらのシステムは、企業が採用を可能にする十分なプライバシー、スピードまたは機能を提供していない。

引用:CryptoCurrencyMagazine

 

総供給量は3億5千。この枚数でまだ1SPHTX=1.28ドルです。

上場以来、順調に価格を伸ばしてきています。

繋がっている企業がSAPということであれば、かなり堅いバックボーンがついているといえるのではないでしょうか。

他にもHPにはCoindesk,Yahoo Finance,Nasdaqといった有名どころのブランドネームが入っていました。

これは国内トレーダーに知られていないだけで、広まれば堅い案件として購入者が増える気がしています。

ちなみにどこに上場しているのかというと…

マイナーな取引所にしか上場していなく、手が出しづらいところですね…。

例えばZNYもマイナー取引所のみの上場で、MONAの大暴騰で国産通貨にこぞって手を出す層が増えたりといった事例もある為、

今回の情報アカ氏が大きく取りあげたことが、国内ユーザーの流入を加速させる可能性は十分にありそうです。

BinanceやKUCOINに上場される噂もあるようで、これが実現すれば大きなターニングポイントを迎えそうです。

 

出来高を見ると直近での急激な増加は見られませんでした。

まだまだこれからの銘柄ですね。

少額であれば今仕込むのはありな気がしています。

 

ただ時価総額は100位前後につけている為、上がり幅としてはトップ10入りするようなことがなければ、

5~10倍くらいが目標値ではないでしょうか。

 

まずはここから1ヶ月間、要チェックです。