総発行総数の約半数がAirdropの新規POSコイン!『F0ME』の初期HOLDERになれるのは今だけのチャンス!

スポンサードリンク

今日はまだ誕生して間もないF0MEという仮想通貨について、共有したいと思います。

 

F0MEの詳細情報

 

F0MEはBitcoinコードベース上に構築されている仮想通貨です。(開発者のMediumより)

(POS通貨の最初のコインであるBlackcoinがベースという声もありますが、確認中です。)

総発行枚数:3500万枚

単位:F0ME

合意形成アルゴリズム:Proof of Stake

マスターノード:有(12,000F0ME必要)

Masternodeの統合はDASHコードベースを介して行われます。

Proof of Stakeを採用しているF0MEですが、コミュニティへの貢献度を重要視しています。

それがコミュニティでの活動、SNS拡散や翻訳といった実績の報酬として支払われます。

 

 

 

■全16回のAirdrop

第1ラウンド:340.000 F0ME
第2ラウンド:1.400.000 F0ME
第3ラウンド:340.000 F0ME
第4ラウンド:720.000 F0ME
第5ラウンド:340.000 F0ME
第6ラウンド:1.800.000 F0ME
第7ラウンド:72.000 F0ME
第8ラウンド:1.800.000 F0ME
第9ラウンド:310.000 F0ME
第10ラウンド:720.000 F0ME
第11ラウンド:1.400.000 F0ME
第12ラウンド:720.000 F0ME
第13ラウンド:340.000 F0ME
第14ラウンド:1.400.000 F0ME
第15ラウンド:72.000 F0ME
第16ラウンド:1.400.000 F0ME

 

更に各ラウンドで得たエアドロップ報酬を売らずに90%保持していることによって、100,000 F0MEが新たにユーザーへ分配されます。

全てのエアドロップが終わった際にも同様に、得たエアドロップ報酬を売らずに90%保持していることによって、1,600,000 FOMEがユーザーへ分配されます。

長い間所持しているユーザーにとっては恩恵が大きい仕組みとなっています。

 

■報酬の仕組み

●F0MEコミュニティでの発言

●Discord内での発言

●Bitcointalkへの投稿

● SNSでの共有(未発表)

 

上記4つの貢献度により報酬が決定されます。

 

総発行枚数の3分の1以上は純粋なAirdropで占められるようです。

Airdropでの分配の内訳は各回数で枚数が異なります。

Bitcointalkが投稿数に応じてランクが上がるように、F0MEのコミュニティも投稿数に応じてランクが上がります。

Discordでのチャットも1回につき経験値が得られ、レベルが上がっていく仕組みになっています。(ゲームみたいな感覚になりますw)

BitcoinとF0MEコミュニティは各ラウンドでのリセットはありませんが、Discordでの獲得経験値は各ラウンドでリセットされます。

それぞれの貢献度に応じて報酬が決まります。報酬獲得条件はDiscordのみ、第2ラウンドではLV5以上が条件となります。

こんな形でランキングが表示されてちょっとオンラインゲームのような感覚で面白いです。笑

 

※今後も報酬獲得条件は変わる可能性がある為、ご注意ください。

 

なお一番美味しいのは翻訳報酬。貢献することにより最大100万F0MEを獲得することができます。

これのせいか、すでに10ヵ国以上のコミュニティが組織されています。

 

 

■ロードマップについて

Webウォレットリリース:2018年1月24日

バウンティキャンペーン1:2018年1月25日

上場予定:2018年2月28日

Airdrop期間:2018年1月24日~4月4日まで

マスターノードの立ち上げ:2018年5月1日

Mobileウォレットリリース:2018年5月1日

バウンティキャンペーン2:2018年6月1日

 

どこの取引所に上場するかは現時点では不明ですが、CoinexchangeやCryptopia、Etherdeltaあたりに上場する可能性はありそうです。

 

 

F0MEホルダーになるためには


まず準備したいのが下記の通りです。

F0MEコミュニティDiscordBitcointalkのアカウントの発行

ウォレットのダウンロードとアドレス発行

③DiscordへAirdropを受けるアドレスを申請する。(上記Youtube参照)

④Bitcointalk、F0ME forumと連携する(上記Youtube参照)

 

現在リリースされているウォレットはこちら。

(表記がブラックコインとなっている為、ベースはブラックコインである可能性も十分に考えられます。)

 

Twitterアカウントが今日できたようで、まだフォロワー数は100人に達していません。

Airdropを重ね、コミュニティが発展していけば1000人、10000人のフォロワーとなるのはそう遠くない気がしています。

まだ開発者が1人のプロジェクトでもあり、駆け出しの草コインという位置付けではありますが、

今のうちに参加しておけば少なくとも古参HOLDERになれることは間違いなしです。

 

■F0MEの今後について

F0MEのホルダーは、コミュニティ全体がより建設的な議論を活発的に行われるような仕組みを作り、コインの普及活動に励む必要があります。

実際にどのような使われ方をするコインになるのかは、ホワイトペーパーがリリースされていない為、未定です。

しかし、コンセプトから推測すると開発者とホルダーが共同で創り出すプロジェクトであると考えています。

その為にはコミュニティはより建設的な意見を出し合える場として存在するべきではないでしょうか。

私は開発者とホルダーが協力し合ってより良い組織、通貨へ進化していくことに期待しています。

 

2/15追記:現在4ラウンド目のエアドロップ実施中です。お早めにどうぞ。