無理をしすぎてからでは遅い!仕事は必ずしも「石の上にも三年」ではない理由

スポンサードリンク

ようやく社会人として仕事を始めてみたものの、今の会社がどうしても合わない、辛い、苦痛で仕方ない、なんて思っている方は多くいるのではないでしょうか。「石の上にも三年」という言葉はよく使われますが、必ずしも全ての人にこれが当てはまるわけではありません。確かに的を得ているし、一人前として認められるようになる期間の目安とされるのも理解できます。今の職場で悩み、苦しんでいる方に読んでいただきたく思います。

 

周りに流されない

仕事においても他の人がこうだからとか、足の引っ張り合いになるような場合の気遣いは不要です。

他にも、周りの同期が続けているから、自分もなんとなく続ける等、他人に流されてはなりません。

確かに同期がいることは心強いし、一緒に過ごしてきた仲間ではありますが、将来と向き合うのは自分です。

 

あなたの会社の「普通」は「異常」かもしれない

あなたは毎日理不尽な事が起きても「これが普通なんだ」と言い聞かせて、会社員生活を送っていませんか?

会社で普通や常識のようになっている風習や文化がありますよね。

よく考えてみると全く生産性のないものであったり、社長が好きだから単にやっているような風習もあったりします。

上司や先輩をはじめ、皆当たり前のようにやっているから当たり前になっている事は非常に多いです。

たまには、第三者目線に立って客観的に物事に対して考えるようにしてみましょう。

他の会社で働いている友人達に聞いたら、「ありえない!」なんて言われることもあるかもしれません。

情報収集、情報交換は定期的に、こまめにしていきましょう。

 

自分のビジョンが描けていますか?

今の会社が自分にとって働く上で大切なこととその仕事がマッチしていますか?

自分のビジョンが描けていないのであれば、理由を探しましょう。

「今の仕事を続ける自分が描けないから」、「会社の方針に納得出来ないから」、上司の姿を見て「ああなりたくないから」等、理由は様々です。

仕事をする上で自分の目標設定をするのと、長期的なビジョンを描くことは社会人生活を送る上で極めて重要です。

自分のビジョンが描けない理由が沢山あるようであれば、今の職場以外で働くという選択も考えられるでしょう。

 

最初は何でも、誰でも辛いもの

最初はどんな仕事も辛いです。仕事の内容もわからなければ、人間関係も一から作らなければならない、やることは山積みです。

失敗もたくさんするし、怒られることも沢山あるでしょう。辛いことばかりで凹んじゃいますよね。

1年目のうちは仕方ありません。自分に向いているのか向いていないのかはある程度経験を積まないとわからないです。

しかし、人格を否定するような言い方をするような上司や先輩がいれば別物です。

会社は組織であり、組織は複数の人で構成されているものですから、中には相性の悪い人や意地の悪い人もいるでしょう。

職場環境が嫌で辞めたという人は非常に多いです。それ程、仕事をする上で職場関係の要素は重要な要素の一つとなるのでしょう。

こればかりは運もありますが、どうしても我慢できない時は、無理はしすぎないようにしましょう。

辞めることで与える周りの影響もありますが、時には捨てる覚悟も必要です。自分を壊してしまう前に手を打ちましょう。

仕事によるうつ病の患者数は年々増加しています。なってからでは遅いのです。

 

まとめ

一度しかない人生ですから、熟考した上でどうしても無理ということであれば、仕事をスパっと辞めるという選択もありです。

もちろん転職するという事にはリスクが伴います。それでも仕事に対する熱意や信念があれば、必ず転職先は見つかります。

悩んだ時にはまず誰か身近な人に相談しましょう。一人で抱え、悩んでいると、悪い方向に進みがちです。

転職エージェントを活用した転職はかなりおすすめできます。

自分に合う担当者を選ぶこともできますし、なんといっても無料で就職支援をしてくれるので、おすすめです。

今後の将来にお悩みの方は、一度マイナビ ジョブ20’sを利用して、転職活動を検討してみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。