諦めるのはまだ早い!時間を決めて「アウトプット」することが大切である

スポンサードリンク

自分で何かを創って発信していくことにおいて、なかなかアイデアが浮かんでこないことがあります。

せっかく自分でやると意気込んでいたのに、3日坊主で終わってしまったり、中途半端になってしまう方も多いのではないでしょうか。

芸術、美術、音楽、記事制作等、色々ありますが、スランプというものは誰にでも訪れるものです。

無理のしすぎは良くないですが、いつまで経っても発信しないままでいると、どんどん実力が落ちていってしまうのです。

 

集中力は長く続かない

人間の集中力というものは、長く続くものではありません。

自分で時間設定をして、30分なら30分、1時間なら1時間、2時間なら2時間、という明確な締切時間を作りましょう。

自分にとってどれくらいの時間までが最も集中できるのか、分析しながら最適な方法を見つけていきましょう。

 

生活リズムを整える

生活リズムを整え、早寝早起きすることも大切です。

夜更かしして、起きるのは昼過ぎという生活リズムは集中力を低下させ、悪循環になってしまいます。

早朝は集中力を高まりやすい時間であるとも言われています。

朝が苦手という方も多いかと思いますが、これも継続することで自然と体に定着してきたりもしますよ。

 

悲観的にならない

徐々に実績を積み上げていったりすれば、プレッシャーに感じる場面も出てきます。

そのプレッシャーが重荷となり、前へ進めなくなることもあるでしょう。

ここで大切なのは、悲観的、ネガティブになりすぎないことです。

もちろん自分の作品に関して、しっかり精査して仕上げていきたいという気持ちや姿勢は理解できます。

しかし、時間というものは無限にあるものではありませんから、期限を決めたらそこまでで完成したもので勝負しましょう。

それが今の「実力」なんです。そして、それらは自分が思っている以上に周りの注目を集めるような作品に仕上がっているかもしれません。

 

失敗の数だけ学ぶものがある

仮に失敗してしまったとしても、失敗から学び取れる事は沢山あります。

恥をかいたり、自分にとって損失が生じるようなことになることもあるかと思います。

成功も失敗も経験することが最も自分を成長させることに繋がるのです。

時には「休養期間」も必要な場合もありますが、数をこなすことが大切です。

 

続けることに意味がある

何事も発信し続けることで、少なくとも誰かの目に止まるチャンスがあるわけです。

発信しなければ、それらは自分の中にしまったままで終わってしまいます。

辞めてしまうことは簡単です。そして一旦辞めてしまうと、それらはズルズルと長引いてしまうのです。

「アウトプット」することは、自分の実力を知ることと、成長させる上で大切なのです。

読書は「アウトプット」が99% 知的生きかた文庫

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。