いざ転職に踏み出せない人に送る、フットワークを軽くするための考え方

スポンサードリンク

転職したい、もう今の職場に耐えられないという方は沢山いると思います。

だけどいざとなると踏み切れない、周りの目が怖い、迷惑をかけてしまう等といった理由で躊躇してしまいがちです。

そんな悩んでいる日々を送っている方に、後押しになるような考え方をご紹介いたします。

 

辞める人は悪くない、悪いのは会社である

辞めることを告げると、上司をはじめ、職場内から冷ややかな目線を送られることでしょう。

突然バックレたり、仕事を欠勤したりすることは厳禁ですが、今まで会社の為に貢献してきて、将来を見据えた上で辞めたいという方もいます。

社風に合わない、将来のイメージが見えない等といった理由で退職することは致し方ありません。

にもかかわらず、辞めさせないような状況に追い込む、辞める人を悪人扱いするような会社は「会社が悪い」といえるでしょう。

社員を駒としか見ていないような仕組みの会社に長居する必要はありません。勇気を持った決断をしましょう。

 

労働環境と人間関係は常に変化するものである

転職先がもしもブラックだったら…なんて思っている方もいるでしょう。

今の時代であれば、ネット上でクチコミ情報が多数掲載されていますので参考にしてみましょう。

実際の労働環境や人間関係はその場に行ってみないとわかりません。

これは今の会社で人事異動があった場合にも、起こりうることなのです。必要以上にマイナス思考にならないようにしましょう。

自分の決断を信じることが大切です。

 

ついていけるかどうか不安だ

次の転職先で今の自分の能力が通用するか不安だという方もいるかもしれません。

人間必死になれば、意外となんとかなるものだったりします。

少なくとも人並みに通常の業務をこなせるようになるという事は誰にでもできることです。

同じ人間ですから。大事なのは努力、諦めない気持ちの強さです。

 

転職した人の事はすぐに忘れられる

転職するまでの間、なんとなく過ごしにくい日々が続くことでしょう。

一時の我慢は必要かもしれませんが、転職してしまえばもうその人の事は誰も気にすることなく、忘れています。

企業から見れば実際に1人欠員したところで、大きな支障があるわけではないのです。

業務が回らないのであれば、会社が本気になればすぐに人を補充することでしょう。

ましてや、そこまでの支障をきたす人物であれば、もっとお偉い方から直々に辞めないよう懇願されるはずです。

つまり、その程度のことだっていうことです。重く考えすぎずに思い切った行動を取りましょう。

 

失敗したっていいんです

仮に転職が失敗したっていいんです。また転職すればいいのですから。

それらの経験が後々活かされる場面もあるでしょう。

転職先は簡単に見つかるものではないというのも事実ではあります。

しかし、あなたが全力で取り組んでいるなら必ず就職先は見つかります。

転職はタイミングが重要ですから、その時期を逃さないようにしましょう。

転職したいという意思があるなら、行動してみることです。

ずっとモヤモヤしたまま今の仕事を続けても気持ちが晴れることはないでしょう。

自分の気持ちを信じましょう。人生意外となんとかなるものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。