上司や先輩に怒られた時に実践したい7つの行動

スポンサードリンク

仕事をしている中で上司や先輩に怒られること、誰もが経験したことがあるかと思います。

怒られたときはやはり良い気持ちはしませんよね。

モヤっとするような怒られ方をすることもあるかと思います。

今日はそんな時に実践したい7つの考え方をご紹介します。

 

原因を知り、置かれている状況を把握する

なぜ怒られたのか原因を知ることです。それに対して何が悪かったのか、それは自分に非があるのかどうか、上司や先輩の怒った意図を考えましょう。

その場では把握することができなかったことが、後になってわかることもあります。

 

相手の立場になって考え、素直に受け止める

まずは言われたことを受け止めて考えてみる。怒られたときは、冷静に物事を考えられなくなることもあると思います。

素直に受け止めたら、相手の立場になってもう一度考え直してみましょう。

 

誰かに相談して参考にする

ありのままの事実を伝え、客観的に第三者視点で考えてもらうことで的確な意見をもらいやすいです。

冷静かつ中立的な立場で意見をもらえます。自分の意見と照らし合わせながら参考にしましょう。

 

気晴らしをして一度忘れる

自分の趣味や楽しめることをして思いっきり発散しましょう。気持ちをリフレッシュすることで新たな側面で考えが生まれることもあります。

そうすることで、悩んでいたこともどうでも良いと思えるくらいな気持ちになれたり、逆にバシッと言えるくらいの覚悟が決まるかもしれません、

 

直接話し合ってみる

上記の行動を全て実践しても、納得できない場合、こちらに非がなく、理不尽な言われ方をされている可能性もあります。

誰が正しい、悪いに100%というものはなかなか存在しません。立場や状況によって大きく変わってきます。

どうしても納得行かないならば、もう一度、相手に確認と相談、自分の意見を訴えましょう。

 

カウンセリングを受ける

自分と身近な周りの助けを借りても解決できない場合はカウンセリンラーによるカウンセリングを受ける選択もあります。

カウンセリング.COM http://kaunse-navi.com/

プロのカウンセラーからの助言を聞くことで、説得力のあるアドバイスがもらえるかもしれません。

 

職場内で最も上の立場にいる長に直接訴える

所属している職場内で最も上の立場にいる長に直接訴えるのもありです。

人徳のある方なら、状況をうまく汲み取り、適切な判断を下してくれるはずです。

 

まとめ

いかがでしたか?自分なりにいくつか行動を起こしてあらゆる側面で物事を考えて分析してみましょう。

そうすれば自ずと次に移さなければならない行動が見えてくるはずです。

しかし、困難な問題に直面して乗り越えれば人間的に成長できることは間違いなしです。