これからの時代の働き方やキャリア形成、仮想通貨をはじめとする投資について役立つ情報を発信しています。

総合職採用の気になる最初の配属先と希望の部署に入れる可能性

スポンサードリンク

就職活動の際に企業に応募する際に、職種が総合職採用になっている会社は多いですよね。

総合職として採用された場合、あらゆる部署に行く可能性があるわけです。

これには、期待を抱く方、不安を持つ方、どちらもいると思います。

希望の部署が合った場合、そこの部署に行けたら!という希望も持てますよね。

今回は行きたい部署がある方にとっての希望部署に行ける可能性についてご紹介致します。

 

社員の職種、全体割合を見る

営業に力を入れている企業であれば営業が多く、ものづくり企業であればエンジニアが多い等、企業によって様々な特徴があります。

業界によっても様々なので一概には言えませんが、社員の職種比率は面接や説明会の段階で聞いてみると良いかもしれません。

また、キャリアプラン等も聞いてみると、将来どのような立ち位置にいる社員が多いのかも見えてきます。

 

希望部署に関連する強みを作っておく

経理であれば、代表的な資格である簿記を取っておくとか、IT関連部署なら初級シスアド、ITパスポート等を取得すると有利になると言われます。

人事、総務等の部署であれば、難関資格ではありますが、社労士の資格を取っておくと有利になるでしょう。

自分の行きたい部署に合わせて、モチベーションの高さ、実績を評価してもらうには、学生としては、資格や学力で証明する必要がありますね。

営業企画部なんかは、エリート、花型のイメージが特に強かったりします。学歴採用されている可能性は否定できません。

 

ギャップは必ず発生するもの

いざ行きたい部署に行って、働いてみたらイメージと全然違う!なんてことは、ほぼ確実にあるといっていいでしょう。

どんなに業界や企業研究を重ねても、現場に飛び込んでみないと本質的な部分は見えてきません。

失敗してどうしても自分に合わなければ転職することも念頭において、まずはチャレンジしてみましょう。

 

営業は基本である

営業職というと、スーツを着てスマートな仕事をする、同時にノルマがきつい、下っ端だと泥臭い仕事をする、等のイメージがありませんか?

営業はモノやサービスを売り込む仕事です。要するに営業がいなければ会社は成り立たないのです。

モノやサービスを作らなければ、売ることはできませんが、モノやサービスを作るにはそれなりの経験やスキルが必要です。

ですので、新卒採用はポテンシャル採用が殆どの現状を見ても、営業職として配属されることが圧倒的に多いのです。

いわば、就職活動も自分を売り込むための営業ですから、その延長線ではありませんが、営業は最初に経験するべき職種なのです。

 

営業を経験することで現場がわかる

営業を経験することで、会社の社風、仕組み、業界においての立ち位置、強み、弱み等、あらゆる部分が浮き彫りになってきます。

社会人としての基礎力はもちろん、会社についても理解が大きく深まる、新入社員が最も学べるものが多い部署といってもいいでしょう。

 

希望部署に行くのは結果を出してからでも遅くはない

希望部署に入れなかったから転職する等と考えてしまっていたら、一度考えなおすべきでしょう。

もちろんエリートのレッテルを貼られて入社した方は最初から希望部署に行ける人もいるでしょう。

しかし、それはごく一部の限られた人だけです。

多くの社員は現場の仕事を担っているわけです。現場の仕事でトップの成績を上げれば、希望部署に行ける人は非常に高くなります。

それに、現場でトップの成績を残した人は現場からも絶大な信頼を置かれているわけです。

現場の気持ちを理解できている人が本社等の管理部門に行ったらどうでしょうか。的の得たアイデアや方針を発信できるようになります。

反対に、現場を経験していない人はどうしても現場の気持ちの理解に欠けています。

本当に自分がその会社でこれからあるべき姿を、希望部署で導いていきたいならば、現場を知ることが最も近道です。

どんな部署に行っても、その場所で結果を出した人間には必ず良い形で自分へ返ってきます。

営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する

関連記事

プロフィール

jin

平成生まれのサラリーマンブロガー。
就活/転職/アフィリエイト/株/仮想通貨
仮想通貨投資実績は30万→500万→-30万(17.3月~)
JobQ最高7位 転職経験者、人材業界勤務。

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

短期大化け狙いの銘柄