週刊チャート分析(2019年9月2週)

スポンサードリンク

日経225…レンジ大きく上抜け、高値更新も射程範囲へ

週明けからあまり下がらず、レンジを抜けて強めのリバが入る形になりました。

現在は2018年10月の高値から2018年12月の安値のフィボナッチ38.2%がサポートになっています。

この大陽線から再び20500まで戻ってくると考えにくいので、上目線です。
ダウの動きも注視したいですが、年末にかけて高値更新というシナリオも…ありえなくはないですね。



ドル円…下げ止まり、買い戻しも増えてじわ上げが続くか

ドル円も力強くリバが入りました。107円台定着から109円まで戻る力があるかどうか。来週は少し106~107円あたりでうろうろしている気がします。

ドル円は特にポジらずに様子見でいるつもりです。他のクロス円も注視します。


ポンド円…底割れ試しからの鬼リバ、トレ転しそうな展開

ポンド円は面白い動きをしていました。底割れ試しから鬼リバ。
わずか1週のうちに5円幅のリバはさすがのポンド円という値動きです。

132円台の定着から135円までの急騰も視野にいれています。
EU離脱延期の影響を大きく受けています。

これで今月中の再度の底値試しはなくなり、しばらくはリバ上げのターンといったところでしょうか。


ゴールド…伸び悩み、上げ続けてきた分、大きめの調整も視野に

トレンドが行き過ぎる傾向にあるゴールドは、ここにきてだいぶ調整をし始めています。

まずは1490ドルをどれだけのスピードで下落していくかがポイントです。
最大で1400ドルくらいまでの下落も視野にいれつつ、注視していきます。

米中関係とEU関係の方向性次第ではショートでかなり取れるかもしれません。
上の方でショートが取れてるのであれば、スイングでしばらく持ちたいところです。

来週は1490~1500台でうろうろしていると予測します。


ビットコイン…レジスタンス上抜け、来週~再来週に注目

6月の高値から徐々に上値を抑えられつけているものの、レジスタンスを上抜けるような形にも見えます。

9月15日前後は過去にも大きな値動きがありました。
大きく上抜けるならこのあたりのタイミング、というのも想定しています。

為替や株、ゴールドと相関する値動きになるかどうかは不明です。
来週はどちらも値動き均衡、再来週あたりに大きく動くような気がしています。

引き続き、各相場はファンダに振り回される動きが続きそうです。

ABOUTこの記事をかいた人

平成生まれのアラサーリーマン。2017年3月より仮想通貨トレードを始め、現在は為替・商品先物・株価指数等の領域へも進出。手軽に始められるパラレルキャリア時代の身近なモデルとして、ブログにて情報発信しています。