週刊チャート分析(2019年9月3週)

スポンサードリンク

日経225…22000台回復へ、3週連続陽線で節目突入か

非常に力強い上昇が続いています。
日足では9日連続の陽線で、そろそろ調整するのでは…という値動き。

22000を維持して、一旦22400~500あたりでヒゲを付けるのではないかと考えています。
このまま23000突入というよりはこの辺りで一度揉んで調整入りする方向で見ています。

米中関連のニュースには引き続き注目です。
直近では18日(水)の日本時間26時頃のFOMC声明、FRB金利、パウエル議長の会見あたりで大きな動きは決まりそうです。



ドル円…上げ相場続くが、来週はもみ合い相場か

ドル円も上昇が続いています。
長期足で見るとこれまでの下げは大した下げではないように見えます。
円高相場は落ち着き、多少円安が進む展開となるでしょうか。

ドル円は特に焦ってポジる必要はなさそうな気がしています。




ポンド円…急激なリバで買い戻し続出、来週はもみ合いか

2週連続の大陽線。いよいよトレ転の期待できるような動きになってきました。
一旦来週はもみ合いか軽い調整に入るとみています。

イギリスは年内に総選挙の実施の可能性もあり、EU離脱を巡る問題の鍵を握るジョンソン氏の動向に注目です。トランプ氏に続き、この方も相場荒らしですね…笑

それにしてもポンド円のリバの強さには驚きました。126円のロングはとっくに捨ててしまったこともあり、個人的にも後悔が残る結果となっています…。

 

ゴールド…大きめの調整が進み、そのままトレ転の兆しあり

ゴールドは先週の予測よりも少し深めの調整が入り、1480ドル台まで突入する形となりました。日足以降を見てみると、まだまだ下げそうな気配があります。

ボラは大きそうなので、引き続き短期トレードであればゴールドはよさげな気がしています。


ビットコイン…上値は重いが、近日中に大きく動きそうな動き


じわじわと上に向かう動きはありつつも、長期足で見るとなかなか上値が重そうです。

何かファンダが出てレジスタンス突き破り、という展開も期待したいところですが、まあ下がるのではないかとみています。

ファンダが出てから買いで、それまでは様子見で良い気がしています。
買いも売りも特にしない方向です。

 

Point

来週は日経とダウの値動きに注目

行きすぎたポンドの短期リバの動きにも注目

 

ABOUTこの記事をかいた人

平成生まれのアラサーリーマン。2017年3月より仮想通貨トレードを始め、現在は為替・商品先物・株価指数等の領域へも進出。手軽に始められるパラレルキャリア時代の身近なモデルとして、ブログにて情報発信しています。