週刊チャート分析(2019年10月1週)

スポンサードリンク

今年も残り3ヶ月ですね。アイキャッチ画像のデザインを一新しました。

アイコンを$マークと€マークと¥マークの3種類を採用したこともあり、
良いきっかけという事で10月からユーロ円をチャート分析採用通貨に加えます!

ついでと言ってはなんですが、ダウ平均も追加します。
それでは今回も始めていきましょう。

日経225…高値止まりで上げ一服か

日経は22000円台で強い値動きが続いていましたが、少し下落が入り、21700円台にて推移。

年末にかけて再度24000円への上昇シナリオもファンダ次第ではあり得るが、読みにくい展開。

一気に下落するという流れはなさそうな雰囲気です。

 

US30…高値止まりでジリジリと続くレンジ相場か

ダウ平均は米中間の交渉がいかにうまく話がまとめるか、利下げの追加緩和とその市場反応次第で大きく変わりそうな展開となりそうです。

レンジ内で売買するならありかもしれません。
来週金曜に控える雇用統計とパウエル議長の動向を待ちます。

ドル円…上値重くなりつつも、じわ上げ相場継続か



上値は重くなりつつもじわりと上げている展開です。
そろそろ多少陰線がついても良いかな、という形に見えます。

すぐに109円を目指す動きも考えにくい為、多少調整が入りつつ
レンジ継続という見方をしています。

ユーロ円…リバ入るも上髭で再度下値目指しそうな動きか


ユーロも一体いつまでこの下落が続くのか…という流れが続いています。
直近の上髭を見る限りでは再度117.4円を目指していくように見えます。

上昇が続くのであればそのタイミングで再びリバが入ると想定します。
今の時点では新規でポジ取りはしなくても良いと考えています。

ポンド円…強リバ落ち着き、ジリジリ下落が続くか


ポンド円もユーロ円と同じく下落が続いています。
ポンド円に関しては、下落が強烈だった為、リバも強烈でした。

強烈なリバは落ち着き、ジリジリと下落しているような形です。
132円抜けたら、普通に129円まで急降下もあり得るのではないかと考えています。

ゴールド…広めのレンジ相場で高ボラが続くか


為替や株価が危機的状況に陥った場合にはゴールドの強い相場が続きそうです。
ダウ高値更新、クロス円が大きく上昇した場合には、1350~1360ドル台まで簡単に戻り下落もあり得そうです。

来週の動きとしては1485~1500ドルで動くか、1510ドルあたりまで陽線を付けて戻してくるか、広めのレンジ予測ではそんな感じです。
どちらかといえば下落するかな、という見方をしています。

ビットコイン…レンジ抜け下降始まる。更なる下落の始まりか

ビットコインはレンジを抜けて下落が始まりました。
かなり弱そうな形をしており、再び7000ドル台を目指すのではないでしょうか。

ここから年末にかけて4000ドル台を目指すような動きはないように思いますが、長期足を見ても今月の下げを見る限りではここで止まるような相場ではないように感じています。


個人的な観測

☑ ゴールドは新規で打診ショートエントリーしたい
☑ ビットコインは特に値動きに注目する

ABOUTこの記事をかいた人

平成生まれのアラサーリーマン。2017年3月より仮想通貨トレードを始め、現在は為替・商品先物・株価指数等の領域へも進出。手軽に始められるパラレルキャリア時代の身近なモデルとして、ブログにて情報発信しています。