週刊チャート分析(2019年10月5週)

スポンサードリンク

日経225…じわ上げで上値重く、来週は一度大きく動きそう

Before

After

前回の更新に引き続き、じわ上げで推移しています。
23,000円が大きな壁でしょうか。

来週のファンダ待ち次第ですね。


US30…上値重いながらも27000ドルに迫る

Before

 

After

週末に大きな陽線を付けて、27,000ドルタッチも視野に入る展開です。
ダウは27,000ドル、日経は23,000円、どちらも大台に突入するかどうか。


ドル円…上値重く、上昇は停滞気味、材料待ちか

Before

After

来週あたりか来月の雇用統計あたりで一度大きく動く流れでしょうか。
年末に向けて、2020年オリンピックも控える中でここからレンジ抜けで円安株高の流れになる可能性がしています。

 

ユーロ円…上昇相場継続、上値はやや重くなり気味

Before

 

After

ユーロ円は上昇は一旦落ち着き、形的にもいよいよ落ちそうな雰囲気に。
なんとか120円を維持していますが、来週は一度割れそうな感じがします。

ポンド円…上昇は一旦落ち着き、EU関連の動向次第か

Before

After

強い上昇は一旦止まり、高値圏でじわじわと推移しています。
引き続きEU関連、ジョンソン氏の動向に注目です。

140円台は売りで良い気がします。

ゴールド…高ボラ、レンジ相場続く

Before

 

After

先週は40ドル幅近くの比較的高めのボラでレンジ相場となりました。
どっちに抜けるかは株と為替の値動き、ファンダ次第でしょうか。

どっちつかずでノーポジで良いと思います。

ビットコイン…習氏の発言影響?突然暴騰するもレンジ継続

Before

After

周氏がブロックチェーン技術で世界をリードする存在になるべきという発言を受けて大きく上昇した様子です。

チャートを見る限りはまだ上がりそうな気配もありますが、
全戻しする展開も全然ありだと思います。

長期足で見るとこれがきっかけになり再度高値を目指す動きになるのもあり得ますが、もう一度下がるとみて今回は買いは見送ります。

まずは再び10000ドル定着を目指して動きそうな予感はしています。
これができなければ、またズルズルと下落するでしょう…。

 

個人的な観測

☑ ファンダ待ちつつノーポジでOK

ABOUTこの記事をかいた人

平成生まれのアラサーリーマン。2017年3月より仮想通貨トレードを始め、現在は為替・商品先物・株価指数等の領域へも進出。手軽に始められるパラレルキャリア時代の身近なモデルとして、ブログにて情報発信しています。