あなたは何を重視しますか?サラリーマンとして働く中で大切にしたいもの

スポンサードリンク

労働者の大半はサラリーマンとして働いている中、将来の選択としては無難であり、安定した選択といえるでしょう。

給料、やりがい、福利厚生、労働環境、ワークライフバランス、自分の成長等、人によって重視するものも異なりますよね。

今回はサラリーマンとして働く中で得られるものを、各項目毎の視点でご紹介致します。

 

高い給料がほしい

働く上で給料は大切ですよね。生活するためにはお金が必要ですから。

高い給料をもらう為のは大変です。それなりの能力、実績が必要になってきます。

 

▶年収1000万以上を狙いたい方

たとえ険しい道でさえも、努力は惜しまないという方ならば、歩合制の会社に入る選択もありかと思います。

不動産業界保険業界は代表例といってもいいでしょう。学歴も問われることが少ないです。

学歴も十分なキャリアを積んでこられた方ならば、総合商社、メガバンク、外資系企業も視野に入ってきますよね。

資格があれば、医師、弁護士、大学教授等も考えられます。

 

▶年収800万以上を狙いたい方

800万以上でも十分な高給です。サラリーマンの平均年収は400万台ですから。

いわゆる大企業(業界トップシェア)や、国家公務員等が選択肢に入ってくるのではないでしょうか。

ただ、大企業といえども業界によっては年収が低い業界もありますので業界研究を重ねておきましょう。

 

▶年収5~600万以上を狙いたい方

年収が5~600万となると、大企業ではなくても、中小企業でも十分にもらえると思います。

課長以上の管理職になれば大部分の会社では、それくらいの年収となります。

うちの会社は平均年収が低いと悩んでいる方、管理職を目指せば目標に届きますよ!

 

※20代で高給取りになれる会社はごく僅かである

20代のうちで高給取りになれるのは、実力主義、歩合制、フラットな組織体系の会社に多いといえます。

一般的には30代以降からグンと年収が上がる会社が大半です。

 

やりがいがほしい

やりがいは好きな仕事、なりたい仕事をすることで感じることだ。という考え方が多いかもしれません。

実際に働いてみると、やりたくなかった仕事でもやりがいが生まれたりするのです。

それは職場環境の影響であったり、お客さんの影響であったり、様々です。

最初からやりがいを求めるものではないと私は考えます。

やりがい、責任のある仕事は実績を積んできた人に与えられる仕事だからです。

やりがいを求めている方は、まず何事にもチャレンジして結果を出していきましょう。

 

福利厚生の充実した会社が良い

福利厚生が充実した会社は大企業に多いです。

大企業だとその規模の大きさを活かした福利厚生が導入されています。

映画、宿泊、旅行、保険、家電、住宅、ウェディング等あらゆるサービス、商品の割引優待が利用できる会社が多いです。

特にIT系企業、外資系企業は特徴的な福利厚生を導入している会社もあります。

Googleにはセルフサービスのマイクロキッチンが導入されており、常に飲み物、食べ物、飲み食いし放題です。

送迎バスも無料で運行しているようです。考えただけでも羨ましいです。

もちろん中小企業にも福利厚生を充実させている会社もありますが、一般的に見れば大企業に入っておくと

無難に福利厚生が充実していることが多いです。

 

労働環境が第一!

労働環境には業務面、コミュニケーション面等、様々な要素が組み合わさっています。

職場を辞めてしまう最大の理由が人間関係が原因なのです。

この人間関係に関しては、入社してみないとわかりようがありません。

また、異動や転勤すれば環境は変わりますので、こればかりはどうにもならないものです。

気難しい人、苦手なタイプの人がいる場合の対処法は「気難しい人の対処法」をどうぞ。

業務面に関しては、仕事の激務度が最大の要因といえます。

激務度に関しては、会社の社風や文化によって変わってきます。

とことん社員を使い込んでくる会社もあれば、社員に優しい会社もあります。

また、デキる人にだけどんどん仕事を回してくる会社もあります。

それで評価してもらえれば良いですが、変わらない待遇だったら報われませんよね。

会社の商品、サービスの利益率にもよってくると思いますが、正直会社の社風や文化の場合が多いです。

マイナビエージェントを利用して、プロの目線から紹介、相談に乗ってもらうのも良いかもしれません。

 

ワークライフバランスでプライベートを優先したい!

ワークライフバランスはプライベートを充実させるためには欠かせません。

いつも残業が長くて終電ギリギリ、なんて会社に働いていたら身がもたない方もいますよね。

求人情報には残業が少ないと書いてあるのに、実際に働いてみると残業のオンパレード…なんていう事例はよくあります。

はっきり言うと求人情報はあてにならない場合が多いです。どこの会社も良い人材を採用するために良い顔してるだけです。

そんな時に役立つのが、VORKERSです。実際に働いている正社員の方々のクチコミを閲覧することが出来ます。

かなり信憑性の高い情報が載っているので、入りたい会社がある方は、こちらで情報収集してみましょう。

自分を成長させたい

仕事をするからには自分を大きく成長させたいという方も多くいます。

そんな方には若いうちから責任のある仕事を任せてもらえる会社を選びましょう。

代表例としては、ベンチャー企業ボトムアップ、フラットな組織体系の会社斜陽産業といったところです。

サイバーエージェントや楽天等は代表例といえます。

 

サラリーマンで働く以外の道を開拓する

今の時代、サラリーマンが絶対的に安定とは言ってられない時代です。

個人の力が問われる時代であり、生き抜くためには他の人と差別化するための能力が必要です。

もしもの時に備え、一人でPC一台から始められる、インターネットビジネスがおすすめです。

アフィリエイトを収入源としたブログ運営は自分の力を大きく成長させることができます。

営業力、提案力、情報収集力、分析力等、全て身につけることができますのでおすすめします。

ドメイン名取得&無料レンタルサーバーサービス『エックスドメイン』を利用して、ブログを開設してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。